馬券生活☆競馬で生きていく

「競馬偏差値」でJRA中央競馬を徹底的に攻略するブログです!

【天皇賞・秋(G1)最終予想2022】勝負馬券を無料公開!

AI予想を無料で配信中! 友だち追加

1【2022天皇賞・秋(G1) 最終予想】

★2022 JRAG1スペシャル(秋)★

2022年JRA重賞ファイル105

2022年10月30日(日)

「第166回天皇賞・秋(G1)」

天皇賞・秋の最終予想を行っていきます。

秋の中距離路線の開幕G1です。古馬と3歳馬がここで激突します。

秋の盾の栄冠を掴むのはどの馬になるのでしょうか。

ここで馬券の最終決断を下していきます。

天皇賞・秋の勝負馬券をレース当日午前中に完全無料で公開です!

【天皇賞・秋 最終予想2022】

【天皇賞・秋 無料勝負馬券公開2022】

※上記のタイトルをクリックすると各項目にジャンプします

1-1【2022天皇賞・秋 最終予想】

【天皇賞・秋はこのようなレースです】

3歳以上の馬(外国産馬・外国馬を含む)による重賞競走(GI)。施行距離は1938年(昭和13年)から1983年(昭和58年)まで、春と同様に芝3,200メートル。1984年(昭和59年)から芝2,000メートルに短縮された。距離変更には賛否両論があったが、短縮後は中距離の最強馬決定戦として位置づけられた。施行時期も長年11月下旬で定着していたが、1981年(昭和56年)から10月下旬 - 11月初旬に繰り上げられた。 2000年(平成12年)よりジャパンカップ・有馬記念とともに「秋の古馬三冠競走」とされ、同一年に行われる3競走を全て優勝した馬に褒賞金が贈られるようになった。

正式名称は「天皇賞」であるが、JRAでは施行距離が短縮された1984年(昭和59年)以降「天皇賞(秋)」と表記している。

天皇賞(秋) - Wikipedia

 

 

 

 

2022年10月30日(日) 天皇賞・秋(G1) 東京芝2000m

3歳以上・国際・指・定量

4回東京9日目 15:40発走

【競馬偏差値】が確定しています 

 

 

 

競馬偏差値予想表はCASIOの協力で作成しています

▼競馬偏差値の詳細はこちらをクリック▼

重賞偏差値予想表について - 馬券生活☆競馬で生きていく

追切展開あり ③⑤⑥⑦⑧⑨

展開★    

推奨穴馬   ③

4角先頭馬  ③  

上がり最速馬 ②⑤⑦⑧

厳選軸馬   ⑦

イクイノックス【厳選軸馬】に該当しています

 

 

 

▼2022/10/30(日)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲

 

 

 

▼今週の競馬偏差値データ▼

baken-seikatsu.com

baken-seikatsu.com

baken-seikatsu.com

baken-seikatsu.com

baken-seikatsu.com

 

▼2022/10/30(日)関連偏差値データ▼

baken-seikatsu.com

イクイノックス【厳選軸馬】に該当しています

▼天皇賞・秋 関連データ▼

baken-seikatsu.com

※天皇賞・秋の過去の偏差値データからの好走馬傾向をまとめています

 

▼先週の偏差値予想表(結果)▼

baken-seikatsu.com

 

★2022菊花賞3連複ワイド的中★

baken-seikatsu.com

▼2022年重賞は105戦49勝!▼

baken-seikatsu.com

★2022年JRA重賞の的中率は46.7%!★

 

▼ブログ6周年達成記念▼

baken-seikatsu.com

7年目もよろしくお願いします!

 

 


 

 

【勝ちウマ王国 キングダム】

勝ちウマ王国

【中央も地方も無料で使える情報提供!】

「競馬はバンバン当たると本当に楽しいです!」

★生産牧場・馬主・調教師・厩務員★

★トラックマン・マスコミ・メディア関係者★

★専属馬券師(成果報酬型契約)★

★ノーザンファーム天栄などの外厩施設★

【多くの情報網から入手した情報を精査!】

【価値ある買い目のみ公開!】

 

▼LINEでカンタン無料登録▼

勝ちウマ王国

▲ラインでカンタン無料登録▲

【今なら3万円分無料特典!】

【メイン重賞激アツ情報が特典!】

 

 


 

▼完全無料ブログなのでランキングにご協力下さい▼


中央競馬ランキング

▲クリックお願いします▲

2022年からブログ7年目に突入!

 

 

 

 

【2022天皇賞・秋 追切】

 

◎ イクイノックス

◯ ダノンベルーガ

▲ ジオグリフ

注 ジャックドール

△ シャフリヤール

▽ パンサラッサ

 

2022天皇賞・秋の「追切◎」はイクイノックスでした!

前走からの上昇度が抜群に良かったです。

ここは間違いなく良い状態で出走できるでしょう。

前走から中21週での外厩明け初戦。フレッシュな状態でここへ臨めます。

「追切◯」はダノンベルーガ

こちらは総合的な調教内容が良かったです。

こちらはノーザンF系ですが、8月下旬に帰厩。

堀厩舎らしい独自仕上げでここへと臨みます。

「追切▲」はジオグリフ

前走からの上昇度が上がっています。

外厩での上積みはあるようですね。

 

「追切注」はジャックドール

仕上がり変化は良かったものの、上昇度はそれなり。

上位3頭より少し劣る感じです。

「追切△」はシャフリヤール

本数多めで乗り込まれてきました。

じっくりと仕上げられています。

「追切▽」はパンサラッサ

悪くはないですが、上昇度や仕上がり変化ではやや劣るという印象でしょうか。

上がってきている感じはあまり見受けられません。

 

以上、追切で印のついた6頭での争いと見ます。

 

 

 

【2022天皇賞・秋 追切リポート】

 

 


▼ツイッターはこちら▼

オニキスお肉@偏差値競馬 (@onix_oniku_uma) | Twitter

【ブログの更新をツイッターでお知らせしています】

▲ぜひフォローしてみましょう!▲


 

▼このブログの読者になる▼

【はてなブログ】

 

 

 

【2022天皇賞・秋 最終予想】

 

1-2【2022天皇賞・秋 最終予想】勝負馬券

 最終予想の結論を下していきます。

【偏差値予想表】

【展開順偏差値予想表】

 

 

 

【2022天皇賞・秋 好走馬傾向まとめ】

【好走馬傾向(メリット)】

【①内枠(1~4枠)がやや有利】

【②偏差値C以上が中心】

【③偏差値Sが強い】

【④A以上騎手が中心】

【⑤S騎手が圧倒的に有利】

【⑥騎手継続騎乗は良い】

【⑦C以上厩舎が中心】

【⑧追切の印が重要】

【⑨展開★を信頼】

【⑩偏差値C以上のNF系が良い】

【⑪偏差値SのNF系が圧倒的】

【⑫偏差値C以上のA外厩は良い】

【⑬偏差値B以上のB外厩は良い】

【⑭前から9番手以降が有利】

 

【好走馬傾向(デメリット)】

【①偏差値E以下は消し】

【②Bランク以下の騎手は軽視】

【③騎手乗り下がりは消し】

【④Dランク以下の厩舎は消し】

【⑤偏差値E以下のNF系は消し】

【⑥偏差値D以下のA外厩は消し】

【⑦低偏差値のB外厩は軽視】

【⑧外厩ナシの好走ナシ】

 

 

 

 

 


 


競馬予想をするために必要な情報を集めるのは

なかなか大変です

よくそういった問い合わせを受ける事があります

 

できれば的中しやすい予想を

シンプルに教えて欲しい

そして毎週的中を積み重ねる事ができれば

収支も安定していきますよね

 

とにかく的中できる実力を持った予想家の予想を知りたい!

しっかりと利益を上げる予想を教えてもらいたい!

そこで専属の馬券師を豊富にかかえ

実力がなければ成績次第で入れ替えも行っている

そういったサイトもあるようですね

予想を的中する事によって毎週プラスを積み重ねていく

競馬を投資にしていく事も可能な専属馬券師の予想

 

▼それがこちらにあります▼

ウマニキ

【ウマニキ】

専属のプロ馬券師をスカウトし

厳しい審査で成績次第の実力主義!

競馬を投資に変えていく確かな予想が

ここにあります!

ウマニキ

【10月22日(土)阪神3R 3連単的中!】

【2歳新馬 1,409,280円獲得!】

ウマニキ

【10月23日(日)新潟8R 3連単的中!】

【1勝クラス 603,560円獲得!】

 

▼こちらから無料で登録が可能です▼

ウマニキ

▲プロ馬券師の予想を無料で見てみましょう▲

 

 


 

 

【2022天皇賞・秋 最終本命馬予想】

 

【6頭立ての争い】

 


この秋の天皇賞は偏差値上位6頭の争いと見ます。

この6頭すべてに【追切】と【展開★】の印がつきました。

ここから序列をつけていきましょう。

 

 

◎ イクイノックス

 

天皇賞・秋の本命馬はイクイノックスです。

偏差値1位のS判定です。

【厳選軸馬】にも該当しています。

3着以内の安定度は上位6頭の中でも一番でしょう。

鞍上はルメール騎手。

なかなか重賞勝ちが見られないところはありますが、ここで鬱憤を晴らしたいところではあります。

「中21週」で外厩明け初戦。「追切◎」と非常に良い状態です。

3歳馬で一番の素質の高さを見せてくれるのではないでしょうか。

 

 

◯ ダノンベルーガ

 

対抗はダノンベルーガです。

偏差値は2位のS判定です。

堀厩舎らしい独自調整でここへ臨みます。

皐月賞4着は芝の荒れた内枠でよく4着に持ってきました。

ダービーは4着でしたが、3着だったアスクビクターモアが菊花賞でレコード勝ち。

これなら仕方がないところでしょうか。

現状だと2400mよりも2000mが向きそうです。

距離短縮で上昇ですね。

 

3歳馬はやはり斤量56kgで出走できるのが有利となるでしょう。

 

 

▲ シャフリヤール

 

偏差値は3位のS判定です。

昨年のダービー馬ですね。ジャパンカップでも3着に入っています。

海外明け初戦ですが、ノーザンF系なので不安はないでしょう。

鞍上も短期免許のC・デムーロ騎手。

おまけに継続騎乗です。ここは良いリズムで臨めそうですね。

3歳馬に対抗できる一番の評価と見ます。

 

 

上位3頭がやや抜けていると評価します。

それ以外は少し差があるという感じですね。

 

 

注 ジオグリフ

 

4番手はジオグリフです。

皐月賞1着は、馬場と展開が最高に向いた印象です。

やはり鞍上の福永騎手でしょうね。

昨年末の落馬負傷以来、今年に入ってからは重賞での騎乗ぶりに不満があります。

昨年までの状態であればここでも全く見劣らないでしょう。

そこがややマイナス材料と見ます。

 

 

△ ジャックドール

 

5番手はジャックドールです。

偏差値は5位のB判定です。

今回は東京のG1でどこまでやれるか、というところでしょう。

人気は朝の時点で単勝2番人気となっています。

人気ほどの信頼はおけないのではないでしょうか。

ハイペースになっての瞬発力勝負に持ち込ませないのが対ノーザンF系への手立てです。

ただしノーザンF系の4頭はすべてSランク騎手でSランク厩舎。

そこでの底力勝負がどうなるのか・・・。

 

 

▽ パンサラッサ

 

偏差値は6位のB判定です。

同じ前に行く馬ですが、人気はジャックドールよりもかなり落ちますね。

これは競馬論の印象ではありますが、

逃げ馬は人気になるよりも、人気が下がった方が好走しやすいという面があります。

今回はジャックドールとパンサラッサは偏差値もそうは変わらず。

むしろケレン味のない逃げでレースを進める事により、逆に残る可能性が上がる事も考えられます。

オッズにかなりの違いがあるので、むしろパンサラッサに来てくれた方が妙味十分となるのではないでしょうか。

ジャックドールが好走したら、それはそれで仕方がないと思えば良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

【2022天皇賞・秋 最終穴馬予想】

 

穴 パンサラッサ

 

人気は朝の時点で単勝6番人気となっています。

ハイペースで飛ばして、あとはどうなるか。

オッズを考えると、妙味はありそうですね。

 

 

 


▼2022/10/30(日)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲


 

1-3【2022天皇賞・秋 無料買い目公開】

 

【推奨ワイド馬券】

 

ワイド ⑦ながし 相手⑤⑧ 2点

4,000✕2=8,000円

 

ワイド馬券は⑦から⑤⑧への2点のみとなります。



【推奨3連複馬券】

 

3連複馬券は2種類購入します。

 

3連複 ⑤⑦⑧ 4,200円

 

本線の3連複馬券です。

 

3連複 フォーメーション

⑦-⑤⑧-③⑥⑨ 6点

1,300✕6=7,800円

 

相手3頭③⑥⑨へと流していきます。




【2022天皇賞・秋 勝負馬券】

 

合計金額 20,000円

 

これが2022天皇賞・秋【勝負馬券】となります。

 

 

 

 

【2022天皇賞・秋 レース結果】

 

 

ワイド ⑤⑦ 的中!

4,000✕3.2=12,800円

 

3連複 ③⑤⑦ 的中!

1,300✕44=57,200円

 

合計払戻 70,000円!

 

ここはワイド馬券と3連複馬券のダブル的中となりました!

払戻の合計は7万円ジャストとなりました!

 

レースはパンサラッサの大逃げ。

1000m通過が57秒4でした。

1頭だけ他を離した、完全なる大逃げ。

府中でこういうレースを見るのはなかなかありません。

 

そして最後はギリギリ2着に粘る大健闘を見せました!

これは大いに称賛されるべきでしょうね。

 

勝ったのはイクイノックス

一時は絶望的な差があるかもと思われましたが、最後に末脚一閃。

何と上がり3ハロンのタイムは32秒7の鬼脚でした。

これでルメール騎手も久々の重賞勝利。

インタビューでも非常に嬉しそうにしていましたね。

 

3着はダノンベルーガ

この馬もインをつき1頭だけ伸びて来ました。

最後は鞍上の川田騎手が鬼気迫る追いっぷりでした。

 

パンサラッサの上がり3ハロンは36秒8。

いかに異次元の大逃げだったという事でしょう。

3着のダノンベルーガの上がりは32秒8。

上がりで32秒台だったのは、3歳馬2頭だけでした。

これはやはり2kgの斤量差が大きかったように感じました。

 

これでG1は3連勝を飾りました。

土曜日のスワンSも的中できていれば、重賞連勝記録も伸びていたのですが仕方ありません。

 

この流れで年末まで突っ走っていきたいですね。

 

最後に、やはり同じ前に行くパンサラッサとジャックドール(4着)で、

ここまで人気の差があったのは、非常に美味しかったです。

ラッキーな面もあったとは思いますが、

ほぼ予想通りの結果で終わった印象でしたね。

 

また来週も張り切っていきます!

 

 

 

 

 

▼今週の競馬偏差値データ▼

baken-seikatsu.com

baken-seikatsu.com

baken-seikatsu.com

baken-seikatsu.com

baken-seikatsu.com

▼2022/10/30(日)の競馬偏差値データ▼

baken-seikatsu.com

★2022アルテミスS3連複ワイド的中★

baken-seikatsu.com

★2022菊花賞3連複ワイド的中★

baken-seikatsu.com

★2022秋華賞3連複ワイド的中★

baken-seikatsu.com

▼2022年重賞は105戦49勝!▼

baken-seikatsu.com

★2022年JRA重賞の的中率は46.7%!★

 

 

【2022天皇賞・秋 最終予想】

 

 


 

 

【勝ちウマ王国 キングダム】

勝ちウマ王国

【中央も地方も無料で使える情報提供!】

「競馬はバンバン当たると本当に楽しいです!」

★生産牧場・馬主・調教師・厩務員★

★トラックマン・マスコミ・メディア関係者★

★専属馬券師(成果報酬型契約)★

★ノーザンファーム天栄などの外厩施設★

【多くの情報網から入手した情報を精査!】

【価値ある買い目のみ公開!】

 

▼LINEでカンタン無料登録▼

勝ちウマ王国

▲ラインでカンタン無料登録▲

【今なら3万円分無料特典!】

【メイン重賞激アツ情報が特典!】

 

 


 

 

 2【2022天皇賞・秋(G1) 最終予想】攻略データ


2-1.2022天皇賞・秋 過去好走馬傾向

「2022天皇賞・秋(G1)」

過去の偏差値データからの1~3着までの【好走馬の成績(結果)】をまとめています

※ブログ6周年を達成したので

【過去の偏差値データ6年分で傾向を探る】

 

2021年10月31日(日) 第164回天皇賞・秋(G1) 東京芝2000m 芝:良

1着 ⑤エフフォーリア(偏差値2位 3番人気)

2着 ①コントレイル(偏差値2位 1番人気)

3着 ⑨グランアレグリア(偏差値1位 2番人気)

2020年11月1日(日) 第162回天皇賞・秋(G1) 東京芝2000m 芝:良

f:id:onix-oniku:20211028190905p:plain

1着 ⑨アーモンドアイ(偏差値2位 1番人気)

2着 ⑥フィエールマン(偏差値6位 5番人気)

3着 ⑦クロノジェネシス(偏差値1位 2番人気)

2019年10月27日(日) 第160回天皇賞・秋(G1) 東京芝2000m 芝:良

f:id:onix-oniku:20211028191417p:plain

1着 ②アーモンドアイ(偏差値1位 1番人気)

2着 ⑨ダノンプレミアム(偏差値6位 3番人気)

3着 ⑤アエロリット(偏差値3位 6番人気)

2018年10月28日(日) 第158回天皇賞・秋(G1) 東京芝2000m 芝:良

f:id:onix-oniku:20211028191517p:plain

1着 ④レイデオロ(偏差値2位 2番人気)

2着 ⑨サングレーザー(偏差値5位 4番人気)

3着 ⑩キセキ(偏差値7位 6番人気)

2017年10月29日(日) 第156回天皇賞・秋(G1) 東京芝2000m 芝:不良

f:id:onix-oniku:20211028191607p:plain

1着 ⑦キタサンブラック(偏差値3位 1番人気)

2着 ②サトノクラウン(偏差値1位 2番人気)

3着 ⑧レインボーライン(偏差値14位 13番人気)

2016年10月30日(日) 第154回天皇賞・秋(G1) 東京芝2000m 芝:良

f:id:onix-oniku:20211028191655p:plain

1着 ⑧モーリス(偏差値2位 1番人気)

2着 ⑫リアルスティール(偏差値6位 7番人気)

3着 ⑭ステファノス(偏差値8位 6番人気) 

 

 

 

 

※結果・成績などは必ず主催者発表のものと照合しご確認下さい

 

 

【2022天皇賞・秋 最終予想】

 

 

【天皇賞・秋 偏差値データ好走傾向】

 

「2022天皇賞・秋(G1)」

過去の偏差値データからの【好走馬の傾向】

【偏差値データの条件別傾向】

からまとめています

 

【枠順】

1~4枠が8頭来ている。やや内枠が有利の傾向か。

 

【偏差値】

S:9 A:2 B:3 C:3 D:1 E:0 F:0】

【偏差値B判定以上 14/18(77.8%)】

 

【騎手乗り替わり】

【前走からの継続】13回来ている。

【乗り下がり】0回来ている。

 

【騎手】

S:14 A:4 B:0 C:0 D:0 E:0 F:0】

【騎手Bランク以上 18/18(100%)】

 

【厩舎】

S:7 A:2 B:6 C:3 D:0 E:0 F:0】

【厩舎Bランク以上 15/18(83.3%)】

 

【追い切り】

【追切の印つき 16/18(88.9%)】

 

【展開★】

【展開★の印つき 13/18(72.2%)】

【展開★(ピンク)】2-2-2-3(複勝率66.7%)

 

【間隔】外厩効果を表す

【Sランク】ピンク(ノーザンF系) 5-3-5-34(複勝率27.7%)

【Aランク】オレンジ(上位外厩)  0-1-1-15(複勝率11.8%)

【Bランク】イエロー(標準外厩)  1-2-0-14(複勝率17.6%)

【ランク外】無色(外厩効果ナシ) 0-0-0-8(複勝率0%)

 

【展開順偏差値予想表】

有利になる展開位置(6年連続馬券圏内)

【前から9番手以降の位置】(9頭該当)

 

 

 

 

 

 


 

 

【勝ちウマ王国 キングダム】

勝ちウマ王国

【中央も地方も無料で使える情報提供!】

「競馬はバンバン当たると本当に楽しいです!」

★生産牧場・馬主・調教師・厩務員★

★トラックマン・マスコミ・メディア関係者★

★専属馬券師(成果報酬型契約)★

★ノーザンファーム天栄などの外厩施設★

【多くの情報網から入手した情報を精査!】

【価値ある買い目のみ公開!】

 

▼LINEでカンタン無料登録▼

勝ちウマ王国

▲ラインでカンタン無料登録▲

【今なら3万円分無料特典!】

【メイン重賞激アツ情報が特典!】

 

 


 

 

 

【天皇賞・秋 好走傾向条件】

 

「2022天皇賞・秋(G1)」 

【好走馬の傾向】ポイントまとめ

 

 

【枠順】

1~4枠が8頭来ている。やや内枠が有利の傾向か。

【①内枠(1~4枠)がやや有利】

 

 

◆傾向①【偏差値データの傾向】

【偏差値】B判定以上の馬が3着以内に18頭中14頭来ています。

偏差値データの信頼度はやや高いと言えるでしょう。

 

偏差値B判定以上の馬を除くと

【偏差値C判定 3頭】

【偏差値D判定 1頭】

基本的には【偏差値C判定以上】で決まります。

中でも【偏差値S判定】が9回も来ています。

偏差値E判定以下の馬は全く来ていません。

【②偏差値C以上が中心】

【③偏差値Sが強い】

【①偏差値E以下は消し】

 

 

▼騎手・厩舎データ▼

Bランク以上の騎手が18頭中18頭来ています。

Bランク以上の厩舎が18頭中15頭来ています。

 

【騎手データ】

Bランク以下の騎手は全く来ていません。

すべて【Aランク以上の騎手】で決まっています。

中でもとくに【Sランク騎手】が14回も来ています。

圧倒的に高ランクの騎手が有利となっています。

【④A以上騎手が中心】

【⑤S騎手が圧倒的に有利】

【②Bランク以下の騎手は軽視】

 

 

【騎手乗り下がり】

前走からの継続騎乗が13回来ています。

騎手の継続騎乗はかなり有利となります。

前走から【騎手が乗り下がり】の場合は1回も来ていません。

騎手乗り下がりは大幅なマイナスになるでしょう。

【⑥騎手継続騎乗は良い】

【③騎手乗り下がりは消し】

 

 

【厩舎データ】

Bランク以上の厩舎を除くと

【Cランク厩舎 3頭】

Cランク以上の厩舎で全て決まっています。

Dランク以下の厩舎は全く来ていません。

【⑦C以上厩舎が中心】

【④Dランク以下の厩舎は消し】

 

 

 

▼追切・展開★データ▼

追切の印がついた馬が18頭中16頭来ています。

展開★の印がついた馬が18頭中13頭来ています。

【追切】と【展開★】の印の信頼度は高いでしょう。

とくに【追切】の印の信頼度は非常に高いです。

【⑧追切の印が重要】

【⑨展開★を信頼】

 

 

 

 

 

 

▼ブログ6周年達成記念▼


中央競馬ランキング

▲クリックお願いします▲

7年目もよろしくお願いします!

 

 

 

◆傾向②【外厩はNF系が数で圧倒】

 

【間隔】外厩効果を表す

  • 【Sランク】ピンク(ノーザンF系) 5-3-5-34(複勝率27.7%)
  • 【Aランク】オレンジ(上位外厩)  0-1-1-15(複勝率11.8%)
  • 【Bランク】イエロー(標準外厩)  1-2-0-14(複勝率17.6%)
  • 【ランク外】無色(外厩効果ナシ) 0-0-0-8(複勝率0%)

 

S【ノーザンF系外厩】

5-3-5-34(複勝率27.7%)

天皇賞・秋での【ノーザンF系Sランク外厩】

出走の数が非常に多くなっています。

3着以内を占める割合が高く、5勝を挙げています。

 

好走した13頭に共通するのは

【偏差値S判定 8頭】

【偏差値A判定 1頭】

【偏差値B判定 1頭】

【偏差値C判定 2頭】

【偏差値D判定 1頭】

偏差値D判定以上で幅広く好走しています。

とくに【偏差値S判定】が圧倒的で、軸馬となります

偏差値E判定以下は全く来ていません。

【⑩偏差値C以上のNF系が良い】

【⑪偏差値SのNF系が圧倒的】

【⑤偏差値E以下のNF系は消し】

 

 

 

 

A【Aランク上位外厩】

0-1-1-15(複勝率11.8%)

【Aランク上位外厩】はあまり良い成績ではありません。

ノーザンF系にかなり押されている印象です。

 

好走した2頭に共通するのは

【偏差値S判定 1頭】

【偏差値C判定 1頭】

偏差値C判定以上が有利となります。

低偏差値になると厳しいようです。

【⑫偏差値C以上のA外厩は良い】

【⑥偏差値D以下のA外厩は消し】

 

 

B【Bランク標準外厩】

1-2-0-14(複勝率17.6%)

【Bランク標準外厩】はまあまあの成績です。

2着以内に好走しており、意外に侮れません。

 

好走した3頭に共通するのは

【偏差値A判定 1頭】

【偏差値B判定 2頭】

偏差値B判定以上だと良いでしょう。

偏差値C判定以下は全く来ていません。

【⑬偏差値B以上のB外厩は良い】

【⑦低偏差値のB外厩は軽視】

 

 

ナシ【外厩効果ナシ】

0-0-0-8(複勝率0%)

【外厩効果ナシ】の馬は全く好走がありません。

8頭とやや少なめですが、厳しいでしょう。

 

この傾向はこれまでも、これから先も続くでしょう。

【⑧外厩ナシの好走ナシ】

 

 

 

◆傾向③【展開は後方が有利】

【前から9番手以降】の位置に予想されていた馬は、

毎年必ず3着以内に好走しています(9頭が該当)

後方の位置が有利となります。

【⑭前から9番手以降が有利】

 

 

 

 

▼ブログ6周年達成記念▼


中央競馬ランキング

▲クリックお願いします▲

7年目もよろしくお願いします!

 

 

 

【2022天皇賞・秋 好走馬傾向まとめ】

 

【好走馬傾向(メリット)】

【①内枠(1~4枠)がやや有利】

【②偏差値C以上が中心】

【③偏差値Sが強い】

【④A以上騎手が中心】

【⑤S騎手が圧倒的に有利】

【⑥騎手継続騎乗は良い】

【⑦C以上厩舎が中心】

【⑧追切の印が重要】

【⑨展開★を信頼】

【⑩偏差値C以上のNF系が良い】

【⑪偏差値SのNF系が圧倒的】

【⑫偏差値C以上のA外厩は良い】

【⑬偏差値B以上のB外厩は良い】

【⑭前から9番手以降が有利】

 

 

【好走馬傾向(デメリット)】

【①偏差値E以下は消し】

【②Bランク以下の騎手は軽視】

【③騎手乗り下がりは消し】

【④Dランク以下の厩舎は消し】

【⑤偏差値E以下のNF系は消し】

【⑥偏差値D以下のA外厩は消し】

【⑦低偏差値のB外厩は軽視】

【⑧外厩ナシの好走ナシ】

 

 

 

 

 

※このブログでの過去6年分の重賞偏差値予想表データが対象

(それ以前はデータの作成はありません)

 

 

 

▼天皇賞・秋 好走馬傾向はこちらから▼

baken-seikatsu.com

 

 

【2022天皇賞・秋 最終予想】

 

 

 

 

▼2022/10/30(日)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲

 

 

 


2-2.天皇賞・秋【騎手チェックシート】

 

こちらで各騎手の【重賞のみ】での最近の好不調がわかります

▼重賞騎手調子チェックシート▼

2022 天皇賞・秋(G1) 東京芝2000m

重賞(JRA)のみの騎手別成績です(先週末の時点の成績)

 

 

 

【好調騎手】

【ピックアップ ★近30戦★好調継続騎手】

 

【最近30戦】の好調順に並べています。

トップは川田・ルメール騎手複勝率40%となっています。

そして松山・岩田康・吉田隼・Cデムーロ騎手複勝率30%台となっています。

 

 

 

【ピックアップ ★近10戦★好調騎手】

 

こちらは【最近10戦のみ】に特化して並べています。

トップは松山・吉田隼騎手複勝率50%となっています。

そしてCデムーロ騎手複勝率40%で続いています。

菅原明・ルメール・藤岡祐騎手複勝率30%となっています。

 

 

 

 

【不調騎手】


【過去30戦】
での不調騎手(複勝率15%未満)を並べています。

三浦騎手複勝率10%となっています。

吉田豊騎手複勝率13%となっています。

 

 

 

 

▼騎手調子チェックシートとは▼

baken-seikatsu.com

▲こちらで騎手チェックシートの詳細な説明が見られます▲

 

【2022天皇賞・秋 最終予想】

 

 



▼中央も地方も!競馬のことなら全てお任せ▼

うまリッチ

▲スマホ片手に簡単に攻略!▲

無料情報も豊富で副業にも最適

中央競馬も地方競馬も無料でウマウマ

★うまリッチ特選無料情報★

【情報源から直接入手】

【Aランク以上の情報のみ】

★毎週更新される圧倒的な的中実績★

▼期間限定でゲットしよう!▼

【1万円分のポイント】

【すぐに使える有益情報】

【注目重賞の買い目公開!】

▼簡単LINE登録で競馬を完全攻略▼

うまリッチ

▲毎日ガッポリうまうま馬券生活▲


 

 


2-3【2022天皇賞・秋 展開予想】

 

▼展開順偏差値予想表▼

 

東京芝2000m

「↑」から前に行くと予想される順に並べました

 

 

 

 

 

【展開★】

パンサラッサ

ジャックドール

ジオグリフ

ダノンベルーガ

イクイノックス

シャフリヤール

 

 

【展開★(ピンク)】の印の馬は

いませんでした。

 

 

【4コーナー予想先頭馬】

テンの3ハロン・マクリ能力等を判断して選びます

パンサラッサ

 

 

【上がり3ハロン予想最速馬】

上がり最速の末脚を出せる馬を選びます

イクイノックス

ダノンベルーガ

シャフリヤール

カラテ

 

 

【展開位置有利ゾーン】 

★天皇賞・秋 過去連続好走位置★

【前から9番手以降の位置】

イクイノックス

シャフリヤール

この2頭は展開的に有利になる可能性が大となっています。

 

 

 

 

 

 

【2022天皇賞・秋 最終予想】

 

 

▼2022/10/30(日)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲

 

 


2-4【2022天皇賞・秋】過去10年のレース傾向

こちらで【2022天皇賞・秋(G1)】での、過去のコースや展開・脚質の結果分析データをまとめています。

 

▼東京芝2000メートル・コースの特徴▼

 

 

1、2コーナーの奥に設けられた引き込み線からスタートして、コーナーを3つ回ってゴールを目指す。

最初のコーナーまでの距離は長くないが、カーブ自体はゆったりしているのでスピードを落とさず回ることができる。

上のクラスのレースになると、速いラップがバックストレッチ半ばの上り坂まで続くことも珍しくない。坂を越えると3コーナー中盤までは緩やかな下りで、徐々にスピードを上げながら直線を目指す。ゴール前の直線は525.9メートル。直線入り口付近から高低差2メートルの坂を上り、上り切ってからはほぼ平坦な区間を300メートル走ってゴールに至る。

二度の坂越えがあるタフなコースだが、速いペースに対応できるスピードも好走の必須条件になる。

 

歴史・コース:天皇賞(秋) 今週の注目レース JRA

 

 

 

 

 

▼2022天皇賞・秋 過去10年コース展開脚質分析▼

 

【4コーナー先頭馬 0-0-2-8】

【上がり3ハロン最速馬 4-5-0-1】

【3着以内馬の脚質 逃げ4 先行8 差し14 追込4】

 

【4角先頭馬】 過去10年で【0勝2着0回3着2回】となっている。

【上がり最速馬】過去10年で【4勝2着5回3着0回】となっている。

 

【脚質の特色(傾向)】

「4角先頭馬」は過去10年で【複勝率20%】となっています。

好走しても3着までがやっととなります。

府中の坂と長い直線。4コーナーで先頭に立つ馬には厳しさも多いです。

 

「上がり最速馬」【連対率90%】と、かなり良い成績となっています。

2着が5回とやや勝ちを取りこぼす面もありますが、安定度は非常に高くなっています。

 

 

「脚質」「差し」が非常に有利となっています。

中団あたりの位置から差し脚を繰り出す馬が優位に立てます。

「先行」はまあまあです。

「逃げ」「追込」といった極端な脚質はやや割引となりそうです。

 

 

※2012年~2021年の過去10年の成績を参考

全て「東京芝2000m」で施行。

 

【2022天皇賞・秋 最終予想】

 

 


▼JRAからの【2022天皇賞・秋】過去傾向データ▼

 

★JRA 天皇賞・秋 予想データ分析★

【数々の名勝負が生まれた中距離路線の最高峰】

昨年は三冠馬コントレイル、短距離女王グランアレグリア、3歳の皐月賞馬エフフォーリアが熱戦を繰り広げた天皇賞(秋)。

東京・芝2000メートルを舞台に、さまざまな路線から集った強豪が覇を競う一戦の傾向を、過去10年の結果から探っていく。

 

「近年はJRA・GⅠからの直行がトレンド」

過去10年の3着以内馬は前走がJRAのGⅠまたはGⅡだった馬に限られ、頭数の上では両者15頭で同数と拮抗している。ただし、好走率はGⅠ組が大きく上回り、ここ3年は〔3・3・2・8〕と馬券圏内をほぼ独占。

今年も上半期のJRA・GⅠから直行してくる馬は要注目の存在だろう。

 

「牝馬が好成績」

ここ3年は牝馬の活躍が顕著で、2019年は2頭の出走でアーモンドアイが優勝、アエロリットが3着。翌2020年はアーモンドアイが連覇を成し遂げ、3着にクロノジェネシスが入った。

さかのぼればジェンティルドンナが2013年、2014年に2年連続2着となった例もあり、過去10年の牝馬の3着内率は50.0%と牡・せん馬を圧倒している。

 

「3歳から5歳の馬の争い」

過去10年の年齢別成績を調べると、4歳馬と5歳馬が3着以内に13頭ずつ入っている。3歳馬は出走数こそ多くないものの好走率はまずまずで、昨年はエフフォーリアが19年ぶりに3歳馬による天皇賞(秋)制覇を成し遂げている。

なお、6歳以上の馬は3着以内に入ったのが2013年3着のエイシンフラッシュのみとなっているだけに、大幅に評価を下げる必要がありそうだ。

 

「東京競馬場の芝重賞で好走経験がある馬が活躍」

過去10年の3着以内馬延べ30頭中27頭は、東京・芝コースで行われた重賞で3着以内に入ったことがある馬だった。

この経験がなかった馬は3着内率5.6%と苦戦傾向にある。東京・芝コースの重賞で好走歴がない馬は過信禁物だろう。

 

「種牡馬にも特徴あり」

過去10年の種牡馬別成績では、キングカメハメハ産駒が2015年ラブリーデイ、2018年レイデオロと2勝をマーク。2019年、2020年はキングカメハメハ産駒のロードカナロアを父に持つアーモンドアイが連覇を果たした。父系にキングカメハメハの血を持つ馬は勝ち切るケースが多く、2着や3着が少なくなっている。

一方、ディープインパクト産駒は2014年スピルバーグの1勝のみだが、2着が8回、3着が2回と3着以内に入った回数は最も多く、同産駒が出走した年は9回中8回で連対を果たしている。

 

「上位人気のGⅠウイナーが連勝中(WIN5)」

近年は上位人気馬が強く、過去7年の優勝馬はいずれも単勝3番人気以内、かつ単勝オッズが4倍未満だった。

また、この延べ7頭の優勝馬はいずれもGⅠウイナーだったこと、同年に国内外のGⅠまたはGⅡを勝っていた点で共通している。

 

データ分析:天皇賞(秋) 今週の注目レース JRA

 

 

 

 

 

 

 

▼レースの概要▼

2022年10月30日(日)

「第166回天皇賞・秋(G1)」

 

天皇賞(秋)は、東京競馬場・芝2000メートルを舞台に古馬最高の栄誉をかけて争われる、長い歴史と伝統を誇る競走である。

■天皇賞の前身 1905年(明治38年)の5月6日に横浜の日本レースクラブが、明治天皇から「菊花御紋付銀製花盛器」を下賜されたことにより創設した「エンペラーズカップ」が天皇賞の前身。翌1906年(明治39年)には東京競馬倶楽部にも御賞典が下賜され、その後、阪神、福島、札幌、函館、小倉の計7つの競馬倶楽部で「帝室御賞典競走」として行われていた。

■第1回 1937年(昭和12年)に各競馬倶楽部が「日本競馬会」に統合されたのを機に、「帝室御賞典競走」は春が阪神、秋が東京と、東西で年2回開催されることとなり、同年の秋季に東京競馬場・芝2600メートルで行われたレースが第1回の天皇賞とみなされている。 その後、第2回の1938年(昭和13年)春は阪神競馬場・芝2700メートルで、3歳以上の馬によって争われ、第3回の1938年秋からは、「4歳以上、芝3200メートル」の競走条件となり、能力検定競走として京都競馬場において非公開で開催された1944年(昭和19年)春まで「帝室御賞典競走」の名称で行われていた。

■戦争による中断と再開 1944年(昭和19年)秋季から、第二次世界大戦の影響により中断されたが、戦後の1947年(昭和22年)春に「平和賞」の名前で復活したのち、同年秋から現在の「天皇賞」に改称され、春は京都競馬場、秋は東京競馬場で開催されることになった。

■競走条件の変遷 1981年(昭和56年)春からは「勝ち抜き制」が廃止されて、過去の優勝馬にも出走権が与えられた。

これまで、タマモクロス(1988年春・秋)、スーパークリーク(1989年秋、1990年春)、メジロマックイーン(1991年春、1992年春)、ライスシャワー(1993年春、1995年春)、スペシャルウィーク(1999年春・秋)、テイエムオペラオー(2000年春・秋、2001年春)、シンボリクリスエス(2002年秋、2003年秋)、メイショウサムソン(2007年春・秋)、フェノーメノ(2013年春、2014年春)、キタサンブラック(2016年春、2017年春・秋)、フィエールマン(2019年春、2020年春)、アーモンドアイ(2019年秋、2020年秋)の12頭が2回以上天皇賞に優勝している。

長年、「3200メートル・4歳以上」という条件で行われていた天皇賞であるが、1984年(昭和59年)の競馬番組の変革により、秋は距離を芝2000メートルに短縮し、さらに1987年(昭和62年)から秋の天皇賞には3歳馬が出走できるように条件が変更された。これにより、春は4歳以上のステイヤー日本一を決めるレース、秋は3歳以上の中距離ナンバー1決定戦と、その性格が明確に分けられた。

 

歴史・コース:天皇賞(秋) 今週の注目レース JRA

 

 

【2022天皇賞・秋 最終予想】

 

 

▼2022/10/30(日)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲

 

 

 

2-5【2022天皇賞・秋 競馬偏差値確定】

 

「メリットは青」「デメリットは赤」で表示

 

【偏差値 S判定】

偏差値1位【68.9 S】

⑦イクイノックス

生産:ノーザンファーム

ノーザンF系外厩Sランク(ノーザンF系)」】

【中21週(外厩明け初戦):帰厩日2022/9/30】

偏差値2位【64.4 S】

⑤ダノンベルーガ

生産:ノーザンファーム

ノーザンF系外厩Sランク(ノーザンF系)」】

【中21週(外厩明け初戦):帰厩日2022/8/27】

NF系の中ではかなり早めの8月下旬に帰厩している。

堀厩舎独自の調整。

偏差値3位【62.6 S】

⑧シャフリヤール

生産:ノーザンファーム

ノーザンF系外厩Sランク(ノーザンF系)」】

【中18週(外厩明け初戦):帰厩日2022/9/16】

 

 

 

 

【偏差値 A判定】

偏差値4位【60.8 A】

⑥ジオグリフ

生産:ノーザンファーム

ノーザンF系外厩Sランク(ノーザンF系)」】

【中21週(外厩明け初戦):帰厩日2022/9/28】

 

 

【偏差値 B判定】

偏差値5位【56.3 B】

⑨ジャックドール

生産:クラウン日高牧場

【非ノーザンF系「外厩Aランク(上位)」】

【中9週(外厩明け初戦):帰厩日2022/9/27】

偏差値6位【54.5 B】 

③パンサラッサ

生産:木村 秀則

【非ノーザンF系「外厩Bランク(標準)」】

【中9週(外厩明け初戦):帰厩日2022/10/8】

 

 

【偏差値 C判定】

偏差値7位【49.1 C】

④ポタジェ

生産:ノーザンファーム

ノーザンF系外厩Sランク(ノーザンF系)」】

【中2週(外厩明け2戦目)】

 

 

 

 

【偏差値 D判定】

偏差値8位【45.5 D】

②カラテ

生産:中地 康弘

【非ノーザンF系「外厩Aランク(上位)」】

【中7週(外厩明け初戦):帰厩日2022/9/30】

偏差値9位【44.6 D】

①マリアエレーナ

生産:日高大洋牧場

【非ノーザンF系「外厩Bランク(標準)」】

【中10週(外厩明け初戦):帰厩日2022/9/8】

偏差値10位【42.8 D】

⑮カデナ

生産:グランド牧場

【非ノーザンF系「外厩Aランク(上位)」】

【中10週(外厩明け初戦):帰厩日2022/9/30】

 

 

【偏差値 E判定】

偏差値11位【41.9 E】

⑩ノースブリッジ

生産:村田牧場

【非ノーザンF系「外厩効果ナシ」

【中2週(外厩明け10戦目)】

外厩効果は消滅している。

2020年12月以降全く外厩を使われていない。

外厩を全く頼らないロンリーウルフ。

偏差値12位【41.0 E】

⑬アブレイズ

生産:ノースヒルズ

【非ノーザンF系「外厩Aランク(上位)」】

【中1週(外厩明け2戦目)】

偏差値13位【40.1 E】

⑪レッドガラン

生産:社台ファーム

【非ノーザンF系「外厩Aランク(上位)」】

【中2週(外厩明け2戦目)】

偏差値13位【40.1 E】

⑭ユーバーレーベン

生産:ビッグレッドファーム

【非ノーザンF系「外厩Bランク(標準)」】

【中9週(外厩明け初戦):帰厩日2022/10/4】

 

 

【偏差値 F判定】

偏差値15位【37.4 F】

⑫バビット

生産:大北牧場

【非ノーザンF系「外厩Bランク(標準)】

【中4週(外厩明け2戦目)】

 

 

 

 

 

▼天皇賞・秋 偏差値データはこちらから▼

baken-seikatsu.com

 

 

【2022天皇賞・秋 最終予想】

 

 

 

 

 

▼2022/10/30(日)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲

 

 

 

【2022天皇賞・秋 上位人気単勝オッズ】

1番人気 3.1倍 イクイノックス

2番人気 4.5倍 ジャックドール

3番人気 4.5倍 シャフリヤール

 

天皇賞(秋)(G1) オッズ | 2022年10月30日 東京11R レース情報(JRA) - netkeiba.com

※天皇賞・秋 レース当日朝5:14時点での単勝人気オッズ

 

 


▼今日のデータ更新▼

2022年10月30日(日)

厳選軸馬・大穴激走馬・全場7~12R競馬偏差値予想表

baken-seikatsu.com

イクイノックス【厳選軸馬】に該当しています

 

▼天皇賞・秋 関連データ▼

baken-seikatsu.com

※天皇賞・秋の過去好走馬傾向をこちらでまとめています

baken-seikatsu.com

baken-seikatsu.com

 

▼先週の偏差値予想表(結果)▼

baken-seikatsu.com

 

★2022菊花賞3連複ワイド的中★

baken-seikatsu.com

▼2022年重賞は105戦49勝!▼

baken-seikatsu.com

★2022年JRA重賞の的中率は46.7%!★

 

 

▼ブログ6周年達成記念▼

baken-seikatsu.com

7年目もよろしくお願いします!

 

 

▼完全無料ブログなのでランキングにご協力下さい▼


中央競馬ランキング

▲クリックお願いします▲

 

 

 

 


▼ツイッターはこちら▼

オニキスお肉@偏差値競馬 (@onix_oniku_uma) | Twitter

【ブログの更新をツイッターでお知らせしています】

▲ぜひフォローしてみましょう!▲


 

▼このブログの読者になる▼

【はてなブログ】

 

 

 

▼2022/10/30(日)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲


 

【2022天皇賞・秋 最終予想】

 


2-6【2022天皇賞・秋】過去成績データ

過去6年間の【競馬偏差値予想表】の結果・成績(払い戻し)をまとめています

【2022天皇賞・秋 過去偏差値成績結果】

 

 

2021年10月31日(日) 天皇賞・秋(G1) 東京芝2000m 芝:良

競馬偏差値予想表はCASIOの協力で作成しています

▼重賞偏差値予想表の詳細な見方はこちら▼

重賞偏差値予想表について - 馬券生活☆競馬で生きていく

 

【結果・成績(払い戻し)】

 

 

 

2020年11月1日(日) 天皇賞・秋(G1) 東京芝2000m 芝:良

【結果・成績(払い戻し)】

 

 

 

2019年10月27日(日) 天皇賞・秋(G1) 東京芝2000m 芝:良

【結果・成績(払い戻し)】

3着 ⑤アエロリット(偏差値3位追切◯展開★) 6番人気

 

 

 

 

2018年10月28日(日) 天皇賞・秋(G1) 東京芝2000m 芝:良

※⑧ダンビュライト(出走取消)

【結果・成績(払い戻し)】

3着 ⑩キセキ(追切▽) 6番人気

 

 

 

2017年10月29日(日) 天皇賞・秋(G1) 東京芝2000m 芝:不良

【結果・成績(払い戻し)】

 

 

 

2016年10月30日(日) 天皇賞・秋(G1) 東京芝2000m 芝:良

【結果・成績(払い戻し)】

2着 ⑫リアルスティール(偏差値6位追切▽) 7番人気

3着 ⑭ステファノス(追切△) 6番人気



※結果・成績などは必ず主催者発表のものと照合しご確認下さい

 

 

▼天皇賞・秋 成績結果はこちらから▼

baken-seikatsu.com

 

【2022天皇賞・秋 最終予想】

 

 


3【2022天皇賞・秋(G1)】データベース用

▼エクセル等データベース利用のためのコピペ用▼

※PCでの利用を前提としています

2022年10月30日(日) 

天皇賞・秋(G1)

馬名 偏差値 判定 前走騎手 騎手 複勝率 厩舎 複勝率 追切 展開 間隔
1 1 マリアエレーナ 44.6 D 継続 松山 28.8 吉田 13.6 10 4
2 2 カラテ 45.5 D 継続 菅原明 25.4 辻野 32.6 7 13
2 3 パンサラッサ 54.5 B 継続 吉田豊 18.6 矢作 23.6 9 1
3 4 ポタジェ 49.1 C 継続 吉田隼 25.7 友道 36.7 2 6
3 5 ダノンベルーガ 64.4 S 継続 川田 60.3 38.6 21 7
4 6 ジオグリフ 60.8 A 継続 福永 44.6 木村 47.9 21 5
4 7 イクイノックス 68.9 S 継続 ルメール 50.7 木村 47.9 21 11
5 8 シャフリヤール 62.6 S 継続 Cデムーロ 47.1 藤原英 41.3 18 14
5 9 ジャックドール 56.3 B 継続 藤岡祐 31.2 藤岡 29.1 9 2
6 10 ノースブリッジ 41.9 E 継続 岩田康 24.2 奥村武 23.5 2 9
6 11 レッドガラン 40.1 E 岩田康 +2 横山和 35.4 安田隆 27.6 2 10
7 12 バビット 37.4 F 継続 横山典 28.8 浜田 13.8 4 3
7 13 アブレイズ 41.0 E 大野 +4 マーカンド 0.0 池江 36.0 1 8
8 14 ユーバーレーベン 40.1 E 継続 Mデムーロ 39.8 手塚 29.6 9 12
8 15 カデナ 42.8 D 今村 +2 三浦 31.3 中竹 32.6 10 15

 

 

 

このブログでの「競馬偏差値予想表」は全てエクセル(excel)で作成しています。

ただし画像として添付していますので、文字ベースとしてコピーペーストしてエクセル等データベースに保存されたい場合はこちらをご利用下さい。

競馬偏差値はオニキス029が作成したオリジナル指数です。

【2022天皇賞・秋 最終予想】

 

▼過去の全重賞予想結果は▼

▼重賞最終予想バックナンバー▼

baken-seikatsu.com

※全ての競馬偏差値予想表はエクセル(excel)で作成しています

それではよろしくお願いします。

Copyright(c)2016-2022 Onix-Oniku All rights reserved.