馬券生活☆競馬で生きていく

「競馬偏差値」でJRA中央競馬を徹底的に攻略するブログです!

【京王杯スプリングカップ(G2)最終予想2023】勝負馬券を無料公開!

GANGANkeiba

LINEで無料競馬ムリョウケイバ!

1【2023京王杯スプリングカップ(G2) 最終予想】

2023年JRA重賞ファイル053

2023年5月13日(土)

「第68回京王杯スプリングカップ(G2)」

京王杯スプリングカップの最終予想を行っていきます。

G1安田記念に向けてのステップレースです。

このレースの1着馬には安田記念への優先出走権が与えられます。

ここで馬券の最終決断を下していきます。

京王杯スプリングカップの勝負馬券をレース当日午前中に完全無料で公開です!

▼2023/5/13(土)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲

【京王杯SC 最終予想2023】

【京王杯SC 無料勝負馬券公開2023】

※上記のタイトルをクリックすると各項目にジャンプします

1-1【2023京王杯スプリングカップ 最終予想】

【京王杯SCはこのようなレースです】

1956年に、5歳(現4歳)以上の馬による重賞として「スプリングハンデキャップ」の名称で創設。1960年に「京王杯スプリングハンデキャップ」と改称された後、1984年より現名称となった。 当初は2月下旬 - 3月上旬に芝1600mで行われたが、施行時期は1972年より春季の東京開催で定着。距離は幾度かの変更を経て、1981年から1400mで行われるようになった。1984年のグレード制導入でGIIに格付けされ、安田記念の重要な前哨戦として位置づけられた。2014年からは本競走の1着馬に、安田記念の優先出走権が与えられている。 JRAで行われる沿線大手私鉄5社の冠競走に於いて、秋の2歳ステークスと当競走のみGIIである。

京王杯スプリングカップ - Wikipedia

2023年5月13日(土) 京王杯SC(G2) 東京芝1400m

4歳以上・国際・指・別定

2回東京7日目 15:45発走

【競馬偏差値】が確定しています 

 

 

 

 

競馬偏差値予想表はCASIOの協力で作成しています

▼競馬偏差値の詳細はこちらをクリック▼

重賞偏差値予想表について - 馬券生活☆競馬で生きていく

追切展開あり ①⑧⑩

展開★    ⑪⑭⑮

推奨穴馬   ⑧⑪

4角先頭馬  ⑤  

上がり最速馬 ⑧⑫

厳選軸馬   ①

▼2023/5/13(土)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲

▼2023/5/13(土)関連偏差値データ▼

baken-seikatsu.com

baken-seikatsu.com

baken-seikatsu.com

ダノンスコーピオン【厳選軸馬】に該当です!

baken-seikatsu.com

▼京王杯SC 関連データ▼

baken-seikatsu.com

※京王杯スプリングカップの過去の偏差値データからの好走馬傾向をまとめています

★2023NHKマイルC ワイド的中★

baken-seikatsu.com

★2023京都新聞杯 3連単3連複的中★

baken-seikatsu.com

▼先週の偏差値予想表(結果)▼

baken-seikatsu.com

▼ブログ7周年達成記念▼

baken-seikatsu.com

8年目もよろしくお願いします!


【2023京王杯SC 追切】

【2023京王杯SC 追切リポート】

◎ レッドモンレーヴ

◯ ダノンスコーピオン

▲ ウインマーベル

注 トゥラヴェスーラ

△ アヴェラーレ

▽ ゾンニッヒ

▽ ピクシーナイト

京王杯SCの「追切◎」レッドモンレーヴでした!

総合的な調教内容が良く、前走からの上昇度が上がっていました。

しかしノーザンF系の関東馬蛯名正厩舎です。

外厩明け初戦なので、外厩でしっかりと乗り込まれています。

ですから調教で動きが良くなるのが常です。

そこで調教で動きすぎて本番のレースでは消耗と言うか反動が出るケースもけっこうあります。

そのあたりがノーザンF系関東馬の見極めが必要となります。

「追切◎」を鵜呑みにして良いかは判断に迷うところもあります。

重賞で結果を出すにはそこがカギとなります。

「追切◯」ダノンスコーピオン

こちらも前走からの上昇度が上がっていました。

ケイアイF系の外厩から3月下旬の早めに帰厩したっぷりと乗り込まれています。

このあたりは安田隆厩舎らしい仕上げです。

短距離には定評のある厩舎なので、良い仕上がりと言えるでしょう。

あとは印の通りで。

【2023京王杯SC 追切リポート】


▼完全無料ブログなのでランキングにご協力下さい▼


中央競馬ランキング

▲クリックお願いします▲

2023年からブログ8年目に突入!


▼ツイッターはこちら▼

オニキスお肉@偏差値競馬 (@onix_oniku_uma) | Twitter

【ブログの更新をツイッターでお知らせしています】

▲ぜひフォローしてみましょう!▲


▼このブログの読者になる▼

【はてなブログ】

【2023京王杯スプリングカップ 最終予想】

1-2【2023京王杯SC 最終予想】勝負馬券

 最終予想の結論を下していきます。

【偏差値予想表】

【展開順偏差値予想表】

 

 

 

 

【2023京王杯SC 好走馬傾向まとめ】

【好走馬傾向(メリット)】

【①偏差値A以上が中心】

【②偏差値Sが強力】

【③B以上騎手が中心】

【④S騎手が非常に強力】

【⑤騎手継続騎乗は有利】

【⑥A以上厩舎が中心】

【⑦追切の印を信頼】

【⑧展開★の印をかなり信頼】

【⑨偏差値A以上のNF系が中心】

【⑩偏差値B以上のA外厩は良い】

【⑪偏差値C以上の外厩ナシは良い】

【⑫外厩ナシは健闘】

【⑬前から7番手以内が有利】

【好走馬傾向(デメリット)】

【①偏差値E以下は厳しい】

【②D以下騎手は厳しい】

【③騎手乗り下がりは消し】

【④F厩舎は消し】

【⑤低偏差値のNF系は厳しい】

【⑥偏差値C以下のA外厩は不振】

【⑦B外厩は大不振】

【⑧低偏差値のB外厩は消し】

【⑨低偏差値の外厩ナシは不振】

 

 

 


馬生

LINEで無料競馬ムリョウケイバ!

【2023京王杯SC 最終本命馬予想】

【東京競馬場 馬場状態】

東京の芝コースは朝の時点で良馬場です。

クッション値は9.3(標準)となっています。

今週からA⇒Bコースに変わりました。

柵の移動で内側の傷みはカバーされています。

そのため馬場の良いところを通れる内枠や前目の位置にいる馬が有利となります。

天気予報はこれから雨が降る予報ですが、雨量はそれほど多くはなさそうです。

良馬場のままか、悪くても稍重までとなりそうです。

道悪をそれほど気にしなくても良さそうです。

◎ ダノンスコーピオン

【Aランク上位外厩】

偏差値1位でただ1頭の偏差値S判定となっています。

【厳選軸馬】に該当しています。この時点で複勝率は70%以上が期待できます。

ケイアイファームの生産馬なので、ケイアイF系の外厩を使われています。

上位外厩に比べると信頼度はやや劣りますが、偏差値は1位なので相対的に見て実力上位だと言えるでしょう。

Sランクの川田騎手で最内枠。

出遅れない限りは良い位置で競馬ができそうです。

【前から6番手の位置】に予想されています。

すべての状況がこの馬に向きそうです。

有力な差し馬が外枠に行ったのもプラスになりそうです。

ここは前哨戦でしっかりと結果を出して本番に向かえそうですね。

◯ アヴェラーレ

【ノーザンF系関東馬(木村厩舎)】

偏差値2位のA判定です。

ノーザンF系の関東馬だと木村厩舎はトップクラスの成績です。

先週のNHKマイルCでも2着に来たウンブライルも同じ木村厩舎です。

基本的に外厩の良さを引き出す事に定評があります。

鞍上はルメール騎手です。

ちょっと外枠過ぎるのがやや気になるところですが、鞍上に期待しましょう。

▲ ゾンニッヒ

【チャンピオンヒルズ(CH)系外厩】

3番手はゾンニッヒです。

CH系外厩を使われています。

鞍上はレーン騎手ですね。

おまけに内枠を引きました。

【前から8番手の位置】に予想されています。

枠順を考えるとアヴェラーレよりも良いかもしれません。

基本的にレーン騎手は重賞だと全て買った方が良い騎手です。

池江厩舎もSランクで好調を維持しています。

この上位3頭にはすべて【Sランク騎手】が騎乗しています。

おまけに3頭とも【Aランク以上の厩舎】です。

軸馬はダノンスコーピオン、相手2頭も相当に強力です。

あとは押さえの相手を選んでいきましょう。

ダディーズビビッド

【Aランク上位外厩】

偏差値は4位のA判定です。

【前から4番手の位置】に予想されています。

外枠ですが、前目の位置にいけそうなので良さそうです。

展開が向きそうですね。

トゥラヴェスーラ

【Aランク上位外厩】

偏差値は5位のA判定です。

騎手と厩舎(ともにCランク)がちょっと劣りますが、【追切】と【展開★】の印がともに入っているのは良いです。

有力馬の中では比較的内枠になっています。

ここまでが偏差値A判定以上となっています。

あとは

ウインマーベル

レッドモンレーヴ

ミッキーブリランテ

ラウダシオン

ピクシーナイト

ここまででしょうか。

この中ではレッドモンレーヴが悪い意味で気になります。

人気は朝の時点で単勝2番人気となっています。

ノーザンF系の関東馬蛯名正厩舎

正直なところ重賞では期待できない厩舎です。

人気先行タイプでしょう。

ただ単に相手の1頭に押さえるのが無難なところでしょう。

間違っても軸馬には選んではいけない馬です。

 

 

 

 

【2023京王杯SC 最終穴馬予想】

穴1 ダディーズビビッド(7番人気)

穴2 ウインマーベル(8番人気)

人気と偏差値を考えて妙味のありそうなのはこの2頭でしょう。

実力と人気が見合っていません。

レッドモンレーヴよりもよほど来る確率は高くなりそうです。


▼2023/5/13(土)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲


1-3【2023京王杯SC 無料買い目公開】

【推奨3連複馬券】

3連複 フォーメーション

①-①④⑯-①⑧⑨⑩⑪⑫⑭⑮ 14点

300×14=4,200円

3連複馬券は①から④⑯を中心に組んでいきます。

3連単 ①1着固定

①⇒④⑧⑩⑫⑮⑯⇒④⑧⑩⑫⑮⑯ 30点

100×30=3,000円

3連単馬券は①を1着に固定し相手6頭へ流していきます。

さらにワイド馬券を追加します。

ワイド ①④ 2,000円

本線のワイド馬券です。

ワイド ①ながし 相手⑧⑩⑮ 3点

1,000×3=3,000円

①から相手3頭に流していきます。

ワイド ④ながし 相手⑧⑩⑮ 3点

500×3=1,500円

④から相手3頭に流していきます。

【2023京王杯SC 勝負馬券】

合計金額 13,700円

これが2023京王杯スプリングカップ【勝負馬券】となります。

【2023京王杯SC レース結果】

ここはレッドモンレーヴが勝利しました!

間違っても軸馬に選んではいけないと言った馬に勝たれてしまいました。

おまけに軸馬に選んだダノンスコーピオンは11着に惨敗。

まさに真逆の結果となってしまいました。

しかしレッドモンレーヴは偏差値6位タイのB判定で2番人気でした。

偏差値的には推せないタイプの馬でした。

2着3着には穴馬に選んだウインマーベルダディーズビビッドが来ているだけに、チグハグな結果とも言えるでしょう。

スローでしたが、外枠の差し馬が勝利しました。

対象的にダノンスコーピオンは最内枠から、他馬と脚色が一緒になりそのまま馬群の中で抜け出せず。

3着から12着までずっとクビ差というかなりの団子でしたね。

土曜日は偏差値的には完敗でしょう。

ワイドくらいは当たるとは思っていましたが。

これで日曜日のG1一本勝負ですね。

むしろ偏差値的には次は当たる番でしょうか。

穏やかな気持ちで日曜を待ちたいですね。

 

 

 

 

▼2023/5/13(土)の競馬偏差値データ▼

baken-seikatsu.com

baken-seikatsu.com

baken-seikatsu.com

ダノンスコーピオン【厳選軸馬】に該当です!

baken-seikatsu.com

★2023NHKマイルC ワイド的中★

baken-seikatsu.com

★2023京都新聞杯 3連単3連複的中★

baken-seikatsu.com

GANGANkeiba

LINEで無料競馬ムリョウケイバ!

【2023京王杯スプリングカップ 最終予想】


 2【2023京王杯スプリングカップ(G2) 最終予想】攻略データ


2-1.2023京王杯SC 過去好走馬傾向

「2023京王杯スプリングカップ(G2)」

過去の偏差値データからの1~3着までの【好走馬の成績(結果)】をまとめています

※ブログ7周年を達成したので

【過去の偏差値データ7年分で傾向を探る】

2022年5月14日(土) 第67回京王杯SC(G2) 東京芝1400m 芝:良

1着 ⑫メイケイエール(偏差値1位 1番人気)

2着 ④スカイグルーヴ(偏差値2位 2番人気)

3着 ⑨タイムトゥヘヴン(偏差値7位 5番人気)

2021年5月15日(土) 第66回京王杯SC(G2) 東京芝1400m 芝:良

1着 ⑩ラウダシオン(偏差値1位 1番人気)

2着 ⑫トゥラヴェスーラ(偏差値8位 10番人気)

3着 ⑤カイザーミノル(偏差値7位 8番人気)

2020年5月16日(土) 第65回京王杯SC(G2) 東京芝1400m 芝:稍重

f:id:onix-oniku:20210512151443p:plain

1着 ⑬ダノンスマッシュ(偏差値1位 2番人気)

2着 ⑫ステルヴィオ(偏差値3位 4番人気)

3着 ②グルーヴィット(偏差値3位 3番人気)

2019年5月11日(土) 第64回京王杯SC(G2) 東京芝1400m 芝:良

f:id:onix-oniku:20200514222103p:plain

1着 ⑨タワーオブロンドン(偏差値5位 1盤人気)

2着 ⑦リナーテ(偏差値6位 6番人気)

3着 ⑥ロジクライ(偏差値2位 2番人気)

2018年5月12日(土) 第63回京王杯SC(G2) 東京芝1400m 芝:良

f:id:onix-oniku:20200514222130p:plain

1着 ⑤ムーンクエイク(偏差値3位 4番人気)

2着 ⑰キャンベルジュニア(偏差値8位 7番人気)

3着 ①サトノアレス(偏差値1位 2番人気)

2017年5月13日(土) 第62回京王杯SC(G2) 東京芝1400m 芝:重

f:id:onix-oniku:20210512151726p:plain

1着 ⑩レッドファルクス(偏差値2位 2番人気)

2着 ⑫クラレント(偏差値8位 11番人気)

3着 ⑨グランシルク(偏差値10位 4番人気)

2016年5月14日(土) 第61回京王杯SC(G2) 東京芝1400m 芝:良

f:id:onix-oniku:20210512151810p:plain

1着 ⑩サトノアラジン(偏差値3位 3番人気)

2着 ⑬サンライズメジャー(偏差値14位 7番人気)

3着 ①ロサギガンティア(偏差値1位 2番人気)

 

 

 

※結果・成績などは必ず主催者発表のものと照合しご確認下さい

【2023京王杯スプリングカップ 最終予想】

「2023京王杯スプリングカップ(G2)」

過去の偏差値データからの【好走馬の傾向】

【偏差値データの条件別傾向】

からまとめています

【枠順】

とくに偏った傾向は出ていない。

【偏差値】

S:9 A:5 B:2 C:2 D:2 E:1 F:0】

【偏差値B判定以上 16/21(76.2%)】

【騎手乗り替わり】

【前走からの継続】が12回来ている。

【乗り下がり】は0回来ている。

【騎手】

S:13 A:1 B:4 C:2 D:1 E:0 F:0】

【騎手Bランク以上 18/21(85.7%)】

【厩舎】

S:7 A:5 B:3 C:2 D:2 E:2 F:0】

【厩舎Bランク以上 15/21(71.4%)】

【追い切り】

【追切の印つき 15/21(71.4%)】

【展開★】

【展開★の印つき 17/21(81.0%)】

【展開★(ピンク)】は1-1-0-2(複勝率50%)

【間隔】外厩効果を表す

【Sランク】ピンク(ノーザンF系) 5-4-3-31(複勝率27.9%)

【Aランク】オレンジ(上位外厩)  1-2-1-22(複勝率15.4%)

【Bランク】イエロー(標準外厩)  0-0-1-20(複勝率4.8%)

【ランク外】無色(外厩効果ナシ) 1-1-2-10(複勝率28.6%)

【展開順偏差値予想表】

有利になる展開位置(7年連続馬券圏内)

【前から7番手以内の位置】(13頭該当)

 

 

 

【2023京王杯SC 好走傾向条件】

「2023京王杯スプリングカップ(G2)」 

【好走馬の傾向】ポイントまとめ

◆傾向①【偏差値データの傾向】

【偏差値】B判定以上の馬が3着以内に21頭中16頭来ています。

偏差値データの信頼度はやや高いと言えるでしょう。

偏差値B判定以上の馬を除くと

【偏差値C判定 2頭】

【偏差値D判定 2頭】

【偏差値E判定 1頭】

基本的に【偏差値A判定以上】が有利となります。

中でも【偏差値S判定】が9頭来ています。

偏差値E判定以下の馬はほぼ厳しいでしょう。

【①偏差値A以上が中心】

【②偏差値Sが強力】

【①偏差値E以下は厳しい】

▼騎手・厩舎データ▼

Bランク以上の騎手が21頭中18頭来ています。

Bランク以上の厩舎が21頭中15頭来ています。

【騎手データ】

Bランク以上の騎手を除くと

【Cランク騎手 2頭】

【Dランク騎手 1頭】

基本的に【Bランク以上の騎手】が中心となります。

中でも【Sランク騎手】が13回も来ています。

Dランク以下の騎手はほぼ厳しいでしょう。

【③B以上騎手が中心】

【④S騎手が非常に強力】

【②D以下騎手は厳しい】

【騎手乗り下がり】

前走からの継続騎乗は12回来ています。

騎手の継続騎乗はやや有利の成績です。

前走から【騎手が乗り下がり】の場合は0回来ています。

騎手乗り下がりは特にマイナスとなるでしょう。

【⑤騎手継続騎乗は有利】

【③騎手乗り下がりは消し】

【厩舎データ】

Bランク以上の厩舎を除くと

【Cランク厩舎 2頭】

【Dランク厩舎 2頭】

【Eランク厩舎 2頭】

基本的に【Aランク以上の厩舎】が中心となります。

あとはB~Eランク厩舎まで幅広く来ます。

Fランクの厩舎はまったく来ていません。

【⑥A以上厩舎が中心】

【④F厩舎は消し】

▼追切・展開★データ▼

追切の印がついた馬が21頭中15頭来ています。

展開★の印がついた馬が21頭中17頭来ています。

【追切】の印の信頼度はやや高くなっています。

【展開★】の印の信頼度はかなり高いと言えます。

【⑦追切の印を信頼】

【⑧展開★の印をかなり信頼】

 

 

 

▼ブログ7周年達成記念▼


中央競馬ランキング

▲クリックお願いします▲

8年目もよろしくお願いします!

◆傾向②【外厩はSが中心も】

【間隔】外厩効果を表す

  • 【Sランク】ピンク(ノーザンF系) 5-4-3-31(複勝率27.9%)
  • 【Aランク】オレンジ(上位外厩)  1-2-1-22(複勝率15.4%)
  • 【Bランク】イエロー(標準外厩)  0-0-1-20(複勝率4.8%)
  • 【ランク外】無色(外厩効果ナシ) 1-1-2-10(複勝率28.6%)

S【ノーザンF系外厩】

5-4-3-31(複勝率27.9%)

【2023京王杯スプリングカップ】での【ノーザンF系Sランク外厩】は良い成績です。

トップの5勝を挙げ、中心のゾーンとなります。

好走した12頭に共通するのは

【偏差値S判定 6頭】

【偏差値A判定 4頭】

【偏差値C判定 1頭】

【偏差値D判定 1頭】

基本的に【偏差値A判定以上】が中心となります。

低偏差値になると厳しくなるようです。

【⑨偏差値A以上のNF系が中心】

【⑤低偏差値のNF系は厳しい】

 

 

 

A【Aランク上位外厩】

1-2-1-22(複勝率15.4%)

【Aランク上位外厩】はそこそこの成績です。

ややノーザンF系に押されているようです。

好走した4頭に共通するのは

【偏差値S判定 1頭】

【偏差値A判定 1頭】

【偏差値B判定 1頭】

【偏差値D判定 1頭】

高偏差値だと安定して好走できそうです。

偏差値C判定以下はほぼ厳しいでしょう。

【⑩偏差値B以上のA外厩は良い】

【⑥偏差値C以下のA外厩は不振】

B【Bランク標準外厩】

0-0-1-20(複勝率4.8%)

【Bランク標準外厩】はかなり良くない成績です。

3着に1回の好走があるのみとなっています。

好走した1頭に共通するのは

【偏差値S判定 1頭】

高偏差値だと好走も可能となるのでしょう。

低偏差値は完全に厳しいでしょう。

【⑦B外厩は大不振】

【⑧低偏差値のB外厩は消し】

ナシ【外厩効果ナシ】

1-1-2-10(複勝率28.6%)

【外厩効果ナシ】の馬は良い成績です。

複勝率だとトップの成績で健闘しています。

好走した4頭に共通するのは

【偏差値S判定 1頭】

【偏差値B判定 1頭】

【偏差値C判定 1頭】

【偏差値E判定 1頭】

高偏差値だと良いのでしょう。

かなり幅広い偏差値で好走が見られます。

【⑪偏差値C以上の外厩ナシは良い】

【⑫外厩ナシは健闘】

【⑨低偏差値の外厩ナシは不振】

◆傾向③【展開は前目が有利】

【前から7番手以内】の位置に予想されていた馬は、

毎年必ず3着以内に好走しています(13頭が該当)

後方の位置が有利となります。

【⑬前から7番手以内が有利】

▼ブログ7周年達成記念▼


中央競馬ランキング

▲クリックお願いします▲

8年目もよろしくお願いします!

【2023京王杯SC 好走馬傾向まとめ】

【好走馬傾向(メリット)】

【①偏差値A以上が中心】

【②偏差値Sが強力】

【③B以上騎手が中心】

【④S騎手が非常に強力】

【⑤騎手継続騎乗は有利】

【⑥A以上厩舎が中心】

【⑦追切の印を信頼】

【⑧展開★の印をかなり信頼】

【⑨偏差値A以上のNF系が中心】

【⑩偏差値B以上のA外厩は良い】

【⑪偏差値C以上の外厩ナシは良い】

【⑫外厩ナシは健闘】

【⑬前から7番手以内が有利】

【好走馬傾向(デメリット)】

【①偏差値E以下は厳しい】

【②D以下騎手は厳しい】

【③騎手乗り下がりは消し】

【④F厩舎は消し】

【⑤低偏差値のNF系は厳しい】

【⑥偏差値C以下のA外厩は不振】

【⑦B外厩は大不振】

【⑧低偏差値のB外厩は消し】

【⑨低偏差値の外厩ナシは不振】

 

 

 

※このブログでの過去7年分の重賞偏差値予想表データが対象

(それ以前はデータの作成はありません)

▼京王杯SC 好走馬傾向はこちらから▼

baken-seikatsu.com

【2023京王杯スプリングカップ 最終予想】

▼2023/5/13(土)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲


2-2.京王杯SC【騎手チェックシート】

こちらで各騎手の【重賞のみ】での最近の好不調がわかります

▼重賞騎手調子チェックシート▼

2023 京王杯SC(G2) 東京芝1400m

重賞(JRA)のみの騎手別成績です(先週末の時点の成績)

 

 

 

【好調騎手】

【ピックアップ ★近30戦★好調継続騎手】

【最近30戦】の好調順に並べています。

トップはルメール騎手複勝率60%となっています。

そして川田騎手複勝率47%で続いています。

さらに横山武・レーン・団野・西村淳騎手複勝率30%台となっています。

【ピックアップ ★近10戦★好調騎手】

こちらは【最近10戦のみ】に特化して並べています。

トップはルメール騎手複勝率80%となっています。

そして横山武騎手複勝率50%で続いています。

レーン・西村淳・菅原明騎手複勝率40%となっています。

団野・松山・浜中騎手複勝率30%となっています。

 

 

 

【不調騎手】

【過去30戦】での不調騎手(複勝率15%未満)を並べています。

北村宏騎手複勝率7%となっています。

丹内騎手複勝率10%となっています。

柴田善騎手複勝率13%となっています。

▼騎手調子チェックシートとは▼

baken-seikatsu.com

こちらで騎手チェックシートの詳細な説明が見られます

JRA重賞競走だけでの騎手の調子がわかるチェックシートです

【2023京王杯スプリングカップ 最終予想】


2-3【2023京王杯SC 展開予想】

▼展開順偏差値予想表▼

東京芝1400m

「↑」から前に行くと予想される順に並べました

 

 

 

【展開★】

ミッキーブリランテ

ダディーズビビッド

ラウダシオン

ダノンスコーピオン

ウインマーベル

トゥラヴェスーラ

【展開★(ピンク)】の印の馬は

ダディーズビビッド

ダノンスコーピオン

となりました

【4コーナー予想先頭馬】

テンの3ハロン・マクリ能力等を判断して選びます

1位 ベレヌス

【上がり3ハロン予想最速馬】

上がり最速の末脚を出せる馬を選びます

1位 レッドモンレーヴ

【展開位置有利ゾーン】 

★京王杯SC 過去連続好走位置★

【前から7番手以内の位置】

※過去7年すべて好走

 

 

 

【2023京王杯スプリングカップ 最終予想】

▼2023/5/13(土)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲


2-4【2023京王杯SC】過去10年のレース傾向

こちらで【2023京王杯スプリングカップ(G2)】での、過去のコースや展開・脚質の結果分析データをまとめています。

▼東京芝1400メートル・コースの特徴▼

バックストレッチ半ばからのスタートで、直後に起伏を上って下る。3コーナーまでは約340メートル。直線入り口まではほぼ平坦。

ゴールまで525.9メートルの直線に入ると、高低差2メートル・全長160メートルのタフな上り坂が始まる。上り切った後の残り300メートルは平坦を走ってゴールに至る。直線が長く坂も控えているだけに、スピード型の先行馬が前半に稼いだリードで流れ込む展開に持ち込みにくい。

1400メートルとしては落ち着いたペースになりやすいが、必ずしも先行馬有利ではなく、直線勝負に備えて脚を温存できる折り合いが求められる。特に良馬場なら上がりの脚の速さは必須だ。

歴史・コース:京王杯スプリングカップ 今週の注目レース JRA

 

 

 

▼2023京王杯SC 過去10年コース展開脚質分析▼

【4コーナー先頭馬 1-0-0-9

【上がり3ハロン最速馬 2-2-0-6】

【3着以内馬の脚質 逃げ5 先行6 差し12 追込7】

【4角先頭馬】 過去10年で【1勝2着0回3着0回】となっている。

【上がり最速馬】過去10年で【2勝2着2回3着0回】となっている。

【脚質の特色(傾向)】

「4角先頭馬」

過去10年で【複勝率10%】となっています。

前で展開に恵まれないと厳しいでしょう。

「上がり最速馬」

【複勝率40%】と、あまり良くない成績です。

最速の上がりを繰り出しても届かないケースも見られます。

「脚質」

「差し」が有利となっています。

最速の上がりというよりも、上がり5位以内の鋭い差し脚を出せる馬が有利です。

あとは「追込」「先行」「逃げ」と続いています。

前目の馬は展開が向くか、高い能力が必要となりそうです。

※2013年~2022年の過去10年の成績を参考

全て「東京芝1400m」で施行。

【2023京王杯スプリングカップ 最終予想】


▼JRAからの【2023京王杯SC】過去傾向データ▼

★JRA 京王杯スプリングカップ 予想データ分析★

【近年はあまり荒れていない安田記念の前哨戦】

2022年の京王杯スプリングCは、単勝オッズ3.1倍(1番人気)のメイケイエールが1着、同4.0倍(2番人気)のスカイグルーヴが2着、同11.4倍(5番人気)のタイムトゥヘヴンが3着となり、3連単の配当が1万470円にとどまった。単勝オッズが10倍以上で優勝を果たしたのは、2014年のレッドスパーダ(38.4倍)が最後。2015年以降の計8回中、3連単の配当が10万円を超えたのは2017年(17万9770円)のみである。

比較的堅い決着が続いているこの一戦を展望するべく、今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

「年明け以降の戦績に注目」

過去10年の3着以内馬延べ30頭中26頭は、同年のJRA重賞において6着以内となった経験がある馬だった。一方、この経験がなかった馬は3着内率5.5%と苦戦している。

年明け以降の重賞に出走していない馬や、2022年以前の重賞でしか6着以内に入ったことのない馬は、評価を下げるべきだろう。

「GⅠや東京競馬場でのレースにおける実績が重要」

過去10年の3着以内馬延べ30頭中20頭は、JRAのGⅠにおいて8着以内となった経験がある馬だった。基本的にはGⅠで8着以内のある馬が優勢だ。

なお、JRAのGⅠにおいて8着以内となった経験がなかったにもかかわらず3着以内に入った10頭のうち8頭は、前年以降に“東京競馬場の出走頭数が15頭以上だったレース”において2着以内となった経験のある馬だった。GⅠで8着以内がなく、2022年以降に東京競馬場の15頭以上だったレースで連対を果たしたこともない馬は、過信禁物とみておきたい。

「臨戦過程がポイント」

過去10年の3着以内馬延べ30頭中10頭は、前走が高松宮記念だった。該当馬は3着内率が34.5%とまずまず優秀な水準に達している。GⅠの高松宮記念から臨んできた馬は、それなりに高く評価するべきだろう。

一方、前走が高松宮記念以外だった馬のうち、そのレースが国内のコース、かつ前走の着順が2着以下、かつ1着馬とのタイム差が0.3秒以上だった馬は3着内率5.2%と苦戦している。さらに、2018年以降の過去5年に限ると、〔1・0・0・37〕(3着内率2.6%)とより3着内率が低くなっている。前走が高松宮記念以外、かつそのレースで勝ち馬に0.3秒以上のタイム差をつけられてしまった馬は、割り引きが必要だ。

「近年は前走で先行していた馬が不振」

2018年以降の3着以内馬15頭は、いずれも前走が国内のコース、かつ前走の4コーナー通過順が3番手以下だった。

近年の傾向に従うならば、前走で積極的な競馬をした直後の馬は疑ってかかりたい。

データ分析:京王杯スプリングカップ 今週の注目レース JRA

▼レースの概要▼

2023年5月13日(土)

「第68回京王杯スプリングカップ(G2)」

1956年に4歳以上のハンデキャップの重賞競走「スプリングハンデキャップ」として創設されたのち、1960年に「京王杯スプリングハンデキャップ」に名称が変更された。

創設当初は2月から3月に東京競馬場・芝1600メートルで行われていたが、1972年に春季後半の東京開催に移設された。

また、幾度かの距離変更を経て、1981年から芝1400メートルで行われている。

1984年のグレード制導入時に本競走はGⅡに格付けされ、GⅠ・安田記念の前哨戦に位置付けられた。

また、同年より負担重量がハンデキャップから別定に変更となったことに伴い、レース名も現在の「京王杯スプリングカップ」に改称された。

なお、2014年から本競走の優勝馬に安田記念の優先出走権が与えられている。

歴史・コース:京王杯スプリングカップ 今週の注目レース JRA

【2023京王杯スプリングカップ 最終予想】

▼2023/5/13(土)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲

2-5【2023京王杯SC 競馬偏差値確定】

馬生

LINEで無料競馬ムリョウケイバ!

「メリットは青」「デメリットは赤」で表示

【偏差値 S判定】

偏差値1位【68.1 S】

①ダノンスコーピオン

騎手:川田(Sランク)【相性4-0-1-2】

生産:ケイアイファーム

【非ノーザンF系「外厩Aランク(上位)」】

【中21週(外厩明け初戦):帰厩日2023/3/21】

ダノンスコーピオン【厳選軸馬】に該当です!

 

 

 

【偏差値 A判定】

偏差値2位【62.3 A】

⑯アヴェラーレ

騎手:ルメール(Sランク)【相性3-1-2-4】

生産:ノーザンファーム(関東馬・木村厩舎)

ノーザンF系外厩Sランク(ノーザンF系)」】

【中7週(外厩明け初戦):帰厩日2023/4/26】

偏差値3位【61.1 A】

④ゾンニッヒ

騎手:レーン(Sランク)【相性0-0-0-0】

生産:坂東牧場

【非ノーザンF系「外厩Aランク(上位)」】

【中5週(外厩明け初戦):帰厩日2023/4/25】

※チャンピオンヒルズ(CH)系外厩使用

偏差値4位【59.9 A】

⑮ダディーズビビッド

騎手:浜中(Aランク)【相性1-2-0-4】

生産:上水牧場

【非ノーザンF系「外厩Aランク(上位)」】

【中6週(外厩明け初戦):帰厩日2023/4/20】

偏差値5位【58.8 A】

⑧トゥラヴェスーラ

騎手:丹内(Cランク)【相性0-0-1-0】

生産:社台ファーム

【非ノーザンF系「外厩Aランク(上位)」】

【中6週(外厩明け初戦):帰厩日2023/4/22】

【偏差値 B判定】

偏差値6位【54.1 B】 

⑩ウインマーベル

騎手:松山(Aランク)【相性1-2-0-2】

生産:コスモヴューファーム

【非ノーザンF系「外厩Bランク(標準)」】

【中6週(外厩明け初戦):帰厩日2023/4/13】

偏差値6位【54.1 B】 

⑫レッドモンレーヴ

騎手:横山和(Bランク)【相性0-0-0-0】

生産:ノーザンファーム(関東馬)

ノーザンF系外厩Sランク(ノーザンF系)」】

【中5週(外厩明け初戦):帰厩日2023/4/21】

偏差値6位【54.1 B】 

⑭ラウダシオン

騎手:岩田康(Dランク)【相性0-0-0-0】

生産:社台コーポレーション白老ファーム(関西馬)

ノーザンF系外厩Sランク(ノーザンF系)」】

【中6週(外厩明け初戦):帰厩日2023/4/25】

偏差値9位【52.9 B】

⑪ミッキーブリランテ

騎手:菅原明(Bランク)【相性0-0-0-1】

生産:ノーザンファーム(関西馬)

ノーザンF系外厩Sランク(ノーザンF系)」】

【中5週(外厩明け初戦):帰厩日2023/4/29】

 

 

 

【偏差値 C判定】

偏差値10位【48.3 C】

⑨ピクシーナイト

騎手:戸崎(Bランク)【相性0-0-0-1】

生産:ノーザンファーム(関西馬)

ノーザンF系外厩Sランク(ノーザンF系)」】

【中6週(外厩明け初戦):帰厩日2023/4/22】

【偏差値 D判定】

偏差値11位【47.1 D】

⑬レイモンドバローズ

騎手:横山武(Aランク)【相性1-1-0-1】

生産:社台ファーム

【非ノーザンF系「外厩Aランク(上位)」】

【中12週(外厩明け初戦):帰厩日2023/4/19】

※チャンピオンヒルズ(CH)系外厩使用

偏差値12位【45.9 D】

⑰タイムトゥヘヴン

騎手:大野(Dランク)【相性1-0-1-4】

生産:オリオンファーム

【非ノーザンF系「外厩効果ナシ」

【中5週(外厩明け3戦目)】

外厩効果は消滅している。

偏差値13位【44.8 D】

⑤ベレヌス

騎手:西村淳(Aランク)【相性4-2-1-10】

生産:ノーザンファーム(関西馬)

ノーザンF系外厩Sランク(ノーザンF系)」】

【中5週(外厩明け初戦):帰厩日2023/4/27】

偏差値14位【43.6 D】

③ヴィクティファルス

騎手:石川(Cランク)【相性0-0-0-0】

生産:ノーザンファーム(関西馬)

ノーザンF系外厩Sランク(ノーザンF系)」】

【中17週(外厩明け初戦):帰厩日2023/4/21】

【偏差値 E判定】

偏差値15位【42.4 E】

⑦カルリーノ

騎手:田辺(Aランク)【相性1-0-0-0】

生産:松栄牧場

【非ノーザンF系「外厩効果ナシ」

【中2週(外厩明け6戦目)】

外厩効果は消滅している。

偏差値16位【40.1 E】

②ロードマックス

騎手:団野(Bランク)【相性0-0-0-2】

生産:ケイアイファーム

【非ノーザンF系「外厩Aランク(上位)」】

【中9週(外厩明け初戦):帰厩日2023/4/21】

【偏差値 F判定】

偏差値17位【34.3 F】

⑥ホープフルサイン

騎手:北村宏(Bランク)【相性0-0-0-0】

生産:日進牧場

【非ノーザンF系「外厩効果ナシ」

【中3週(外厩明け4戦目)】

外厩効果は消滅している。

偏差値18位【28.4 F】

⑱グラスミヤラビ

騎手:柴田善(Eランク)【相性2-0-0-3】

生産:飛渡牧場

【非ノーザンF系「外厩Bランク(標準)」】

【中9週(外厩明け初戦):帰厩日2023/3/30】

 

 

 

▼京王杯SC 偏差値データはこちらから▼

baken-seikatsu.com

【2023京王杯スプリングカップ 最終予想】

▼2023/5/13(土)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲

【2023京王杯SC 上位人気単勝オッズ】

1番人気 3.8倍 ダノンスコーピオン

2番人気 5.5倍 レッドモンレーヴ

3番人気 8.5倍 アヴェラーレ

京王杯スプリングC(G2) オッズ | 2023年5月13日 東京11R レース情報(JRA) - netkeiba.com

※京王杯スプリングカップ レース当日朝9:10時点での単勝人気オッズ


▼今日のデータ更新▼

2023年5月13日(土)

厳選軸馬・大穴激走馬・全場7~12R競馬偏差値予想表

baken-seikatsu.com

ダノンスコーピオン【厳選軸馬】に該当です!

baken-seikatsu.com

▼京王杯SC 関連データ▼

baken-seikatsu.com

※京王杯スプリングカップの過去好走馬傾向をこちらでまとめています

baken-seikatsu.com

baken-seikatsu.com

★2023NHKマイルC ワイド的中★

baken-seikatsu.com

★2023京都新聞杯 3連単3連複的中★

baken-seikatsu.com

▼先週の偏差値予想表(結果)▼

▼ブログ7周年達成記念▼

baken-seikatsu.com

8年目もよろしくお願いします!

▼完全無料ブログなのでランキングにご協力下さい▼


中央競馬ランキング

▲クリックお願いします▲


▼ツイッターはこちら▼

オニキスお肉@偏差値競馬 (@onix_oniku_uma) | Twitter

【ブログの更新をツイッターでお知らせしています】

▲ぜひフォローしてみましょう!▲


▼このブログの読者になる▼

【はてなブログ】

▼2023/5/13(土)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲

【2023京王杯スプリングカップ 最終予想】


2-6【2023京王杯SC】過去成績データ

過去7年間の【競馬偏差値予想表】の結果・成績(払い戻し)をまとめています

【2023京王杯スプリングカップ 過去偏差値成績結果】

2022年5月14日(土) 京王杯SC(G2) 東京芝1400m 芝:良

競馬偏差値予想表はCASIOの協力で作成しています

▼重賞偏差値予想表の詳細な見方はこちら▼

重賞偏差値予想表について - 馬券生活☆競馬で生きていく

【結果・成績(払い戻し)】

2021年5月15日(土) 京王杯SC(G2) 東京芝1400m 芝:良

【結果・成績(払い戻し)】

2着 ⑫トゥラヴェスーラ(展開★) 10番人気

3着 ⑤カイザーミノル(追切▽) 8番人気

2020年5月16日(土) 京王杯SC(G2) 東京芝1400m 芝:稍重

【結果・成績(払い戻し)】

 

 

 

2019年5月11日(土) 京王杯SC(G2) 東京芝1400m 芝:良

※出走取消③サトノアレス

【結果・成績(払い戻し)】

2着 ⑦リナーテ(偏差値6位展開★) 6番人気

2018年5月12日(土) 京王杯SC(G2) 東京芝1400m 芝:良

【結果・成績(払い戻し)】

2着 ⑰キャンベルジュニア(追切◯) 7番人気

2017年5月13日(土) 京王杯SC(G2) 東京芝1400m 芝:重

【結果・成績(払い戻し)】

2着 ⑫クラレント(展開★) 11番人気

2016年5月14日(土) 京王杯SC(G2) 東京芝1400m 芝:良

【結果・成績(払い戻し)】

2着 ⑬サンライズメジャー(展開★) 7番人気

※結果・成績などは必ず主催者発表のものと照合しご確認下さい

▼京王杯SC 成績結果はこちらから▼

baken-seikatsu.com

【2023京王杯スプリングカップ 最終予想】


3【2023京王杯スプリングカップ(G2)】データベース用

▼エクセル等データベース利用のためのコピペ用▼

※PCでの利用を前提としています

2023年5月13日(土) 

2023京王杯スプリングカップ(G2)

馬名 偏差値 判定 前走騎手 騎手 複勝率 厩舎 複勝率 追切 展開 間隔
1 1 ダノンスコーピオン 68.1 S ビュイック 川田 55.3 安田隆 30.4 21 6
1 2 ロードマックス 40.1 E 継続 団野 28.6 藤原英 28.4 9 14
2 3 ヴィクティファルス 43.6 D 団野 -1 石川 21.3 池添 34.7 17 3
2 4 ゾンニッヒ 61.1 A 菅原明 +2 レーン 55.6 池江 38.2 5 8
3 5 ベレヌス 44.8 D 継続 西村淳 40.1 杉山晴 24.6 5 1
3 6 ホープフルサイン 34.3 F 三浦 北村宏 27.4 本間 3.7 3 11
4 7 カルリーノ 42.4 E 継続 田辺 38.5 高橋裕 15.9 2 13
4 8 トゥラヴェスーラ 58.8 A 継続 丹内 23.8 高橋康 22.9 6 10
5 9 ピクシーナイト 48.3 C 継続 戸崎 29.7 音無 24.5 6 9
5 10 ウインマーベル 54.1 B 継続 松山 39.9 深山 16.3 6 7
6 11 ミッキーブリランテ 52.9 B 坂井 菅原明 27.8 矢作 24.2 5 2
6 12 レッドモンレーヴ 54.1 B 川田 -2 横山和 24.0 蛯名正 20.0 5 17
7 13 レイモンドバローズ 47.1 D 津村 +2 横山武 32.6 上村 40.4 12 12
7 14 ラウダシオン 54.1 B ムルザバエフ -4 岩田康 16.7 斉藤崇 29.5 6 5
7 15 ダディーズビビッド 59.9 A 秋山真 +3 浜中 34.2 千田 31.7 6 4
8 16 アヴェラーレ 62.3 A 菅原明 +2 ルメール 58.3 木村 42.0 7 15
8 17 タイムトゥヘヴン 45.9 D 継続 大野 17.2 戸田 20.0 5 18
8 18 グラスミヤラビ 28.4 F 継続 柴田善 11.4 杉浦 7.5 9 16

 

 

 

このブログでの「競馬偏差値予想表」は全てエクセル(excel)で作成しています。

ただし画像として添付していますので、文字ベースとしてコピーペーストしてエクセル等データベースに保存されたい場合はこちらをご利用下さい。

競馬偏差値オニキス029が作成したオリジナル指数です。

【2023京王杯スプリングカップ 最終予想】

▼過去の全重賞予想結果は▼

▼重賞最終予想バックナンバー▼

baken-seikatsu.com

※全ての競馬偏差値予想表はエクセル(excel)で作成しています

それではよろしくお願いします。

Copyright(c)2016-2023 Onix-Oniku All rights reserved.