馬券生活☆競馬で生きていく

「競馬偏差値」でJRA中央競馬を徹底的に攻略するブログです!

【アルゼンチン共和国杯(G2)最終予想2022】勝負馬券を無料公開!

AI予想を無料で配信中! 友だち追加

1【2022アルゼンチン共和国杯(G2) 最終予想】

2022年JRA重賞ファイル108

2022年11月6日(日)

「第60回アルゼンチン共和国杯(G2)」

アルゼンチン共和国杯の最終予想を行っていきます。

ここで馬券の最終決断を下していきます。

芝中長距離路線のハンデG2競争です。

アルゼンチン共和国杯の勝負馬券をレース当日午前中に完全無料で公開です!

【アルゼンチン共和国杯 最終予想2022】

【アルゼンチン共和国杯 無料勝負馬券公開2022】

※上記のタイトルをクリックすると各項目にジャンプします

1-1【2022アルゼンチン共和国杯 最終予想】

【AR共和国杯はこのようなレースです】

日本とアルゼンチンの友好と親善の一環として、1963年にアルゼンチンジョッキークラブから優勝カップの寄贈を受け「アルゼンチンジョッキークラブカップ」の名称で創設された重賞競走。その後、1974年にアルゼンチンの競馬がジョッキークラブから国の管轄へ移管されたことに伴い、1975年から現名称となった。

第1回は5月に東京競馬場の芝2300m、別定重量の条件で行われたが、その後距離や競走条件は幾度かの変遷を経て、1984年(昭和59年)のグレード制導入とそれに伴う重賞格付け全面見直しの際、それまで年2回施行されていた目黒記念の秋の競走が廃止される代替として施行時期を目黒記念(秋)が行われていた11月に繰り下げ、4歳(現3歳)以上の馬によるハンデキャップ競走として東京競馬場の芝2500mで施行されるようになった。

アルゼンチン共和国杯 - Wikipedia

 

 

 

 

 

2022年11月6日(日) アルゼンチン共和国杯(G2) 東京芝2500m

3歳以上・国際・特指・ハンデ

5回東京2日目 15:35発走

【競馬偏差値】が確定しています 

⑭アフリカンゴールドは国分恭(E)⇒マーカンド(A)騎手に変更

 

 

 

競馬偏差値予想表はCASIOの協力で作成しています

▼競馬偏差値の詳細はこちらをクリック▼

重賞偏差値予想表について - 馬券生活☆競馬で生きていく

追切展開あり ⑤⑥⑦⑯

展開★    ①⑭

推奨穴馬   ③⑦

4角先頭馬  ①⑭  

上がり最速馬 ⑤⑧⑬⑯

 

 

 

▼2022/11/6(日)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲

 

 

★今週の競馬偏差値データ★

baken-seikatsu.com

baken-seikatsu.com

baken-seikatsu.com

baken-seikatsu.com

baken-seikatsu.com

▼2022/11/6(日)関連偏差値データ▼

baken-seikatsu.com

baken-seikatsu.com

 

▼アルゼンチン共和国杯 関連データ▼

baken-seikatsu.com

※アルゼンチン共和国杯の過去の偏差値データからの好走馬傾向をまとめています

 

▼先週の偏差値予想表(結果)▼

baken-seikatsu.com

 

★2022天皇賞・秋3連複ワイド的中★

baken-seikatsu.com

★2022菊花賞3連複ワイド的中★

baken-seikatsu.com

★2022秋華賞3連複ワイド的中★

baken-seikatsu.com

【秋G1現在3連勝中!】

▼2022年重賞は105戦49勝!▼

baken-seikatsu.com

★2022年JRA重賞の的中率は46.7%!★

 

▼ブログ6周年達成記念▼

baken-seikatsu.com

7年目もよろしくお願いします!

 

 


 

 

【勝ちウマ王国 キングダム】

勝ちウマ王国

【中央も地方も無料で使える情報提供!】

「競馬はバンバン当たると本当に楽しいです!」

★生産牧場・馬主・調教師・厩務員★

★トラックマン・マスコミ・メディア関係者★

★専属馬券師(成果報酬型契約)★

★ノーザンファーム天栄などの外厩施設★

【多くの情報網から入手した情報を精査!】

【価値ある買い目のみ公開!】

 

▼LINEでカンタン無料登録▼

勝ちウマ王国

▲ラインでカンタン無料登録▲

【今なら3万円分無料特典!】

【メイン重賞激アツ情報が特典!】

 

 


 

▼完全無料ブログなのでランキングにご協力下さい▼


中央競馬ランキング

▲クリックお願いします▲

2022年からブログ7年目に突入!

 

 

 

 

【2022AR共和国杯 追切】

 

◎ テーオーロイヤル

◯ キラーアビリティ

▲ ヒートオンビート

注 ユーキャンスマイル

△ ダンディズム

▽ ブレークアップ

▽ ラストドラフト

 

アルゼンチン共和国杯の「追切◎」はテーオーロイヤルでした!

前走からの上昇度が抜群に良かったです。

ここは前走のオールカマーを叩かれ確実に良化しています。

Bランク標準外厩なので、一度使われた方が良いです。

状態は間違いなく上がっています。

「追切◯」はキラーアビリティ

総合的な調教内容が良かったです。

こちらはノーザンF系外厩なので、久々でも力を発揮できます。

「追切▲」はヒートオンビート

仕上がり変化が良かったですね。

上位3頭ともに走れる状態にあります。

スキはあまりなさそうですね。

 

 

【2022アルゼンチン共和国杯 追切リポート】

 

 


▼ツイッターはこちら▼

オニキスお肉@偏差値競馬 (@onix_oniku_uma) | Twitter

【ブログの更新をツイッターでお知らせしています】

▲ぜひフォローしてみましょう!▲


 

▼このブログの読者になる▼

【はてなブログ】

 

 

 

【2022アルゼンチン共和国杯 最終予想】

 

1-2【2022AR共和国杯 最終予想】勝負馬券

 最終予想の結論を下していきます。

【偏差値予想表】

【展開順偏差値予想表】

 

 

 

【2022AR共和国杯 好走馬傾向まとめ】

【①偏差値A以上が中心】

【②偏差値C~Dも侮れない】

【③S騎手が圧倒的】

【④騎手乗り下がりは気にせず】

【⑤B以上厩舎が中心】

【⑥追切の印を信頼】

【⑦展開★の印を信頼】

【⑧偏差値A以上のNF系が抜群】

【⑨偏差値A以上のA外厩は良い】

【⑩前から6番手以内が有利】

 

【好走馬傾向(デメリット)】

【①Fランクの騎手は消し】

【②F厩舎は消し】

【③低偏差値のNF系は消し】

【④偏差値D以下のA外厩は消し】

【⑤B外厩は大苦戦】

【⑥外厩ナシは厳しい】

 

 

 

 

 


 

なかなか大変です

よくそういった問い合わせを受ける事があります

 

できれば的中しやすい予想を

シンプルに教えて欲しい

そして毎週的中を積み重ねる事ができれば

収支も安定していきますよね

 

とにかく的中できる実力を持った予想家の予想を知りたい!

しっかりと利益を上げる予想を教えてもらいたい!

そこで専属の馬券師を豊富にかかえ

実力がなければ成績次第で入れ替えも行っている

そういったサイトもあるようですね

予想を的中する事によって毎週プラスを積み重ねていく

競馬を投資にしていく事も可能な専属馬券師の予想

 

▼それがこちらにあります▼

ウマニキ

【ウマニキ】

専属のプロ馬券師をスカウトし

厳しい審査で成績次第の実力主義!

競馬を投資に変えていく確かな予想が

ここにあります!

ウマニキ

【10月30日(日)新潟10R 3連単的中!】

【鳥屋野特別 1,018,520円獲得!】

ウマニキ

【10月29日(土)阪神1R 3連単的中!】

【2歳未勝利 611,080円獲得!】

 

▼こちらから無料で登録が可能です▼

ウマニキ

▲プロ馬券師の予想を無料で見てみましょう▲

 

 


 

 

【2022AR共和国杯 最終本命馬予想】

 

◎ キラーアビリティ

 

本命はキラーアビリティです。

偏差値1位のS判定ですね。

3歳馬です。前走から中22週となっています。

ノーザンF系の外厩なので、乗り込まれてパワーアップしている可能性が高いです。

ここはあっさり勝利する場面も見られます。

このアルゼンチン共和国杯は非常にSランク騎手が強い重賞です。

鞍上もC・デムーロ騎手で問題はなさそうです。

 

 

◯ テーオーロイヤル

 

対抗はテーオーロイヤルです。

偏差値は2位のA判定ですね。

前走のオールカマー5着は、いかにもという感じです。

外厩明け初戦(Bランク標準外厩)で、距離も足りない2200mでした。

ここは一度使われ状態もアップ。

しかも距離延長です。

この馬は重賞だと2400mを下回ると距離不足で好走は厳しいでしょう。

今回はプラス要素が非常に多いです。

 

 

▲ ヒートオンビート

 

偏差値3位のS判定です。

外枠を引いたので、乗り方次第でしょう。

やはりSランクの戸崎騎手なのは良いでしょう。

 

この上位3頭は強力ですね。

ここからが馬券の中心となります。

 

 

ユーキャンスマイル

ブレークアップ

アフリカンゴールド

ボスジラ

あとはこの4頭が相手候補となります。

 

 

偏差値B判定のカントルは、

鞍上が重賞で勝負弱い岩田望騎手。

そして過去の好走馬傾向への合致が非常に少なかったので、消しとします。

 

 

 

 

【2022AR共和国杯 最終穴馬予想】

 

穴 ユーキャンスマイル

 

人気は朝の時点で単勝8番人気となっています。

【距離延長】

【左回り】

【内枠】

プラス材料が多いです。

ここは相手関係に恵まれました。

偏差値上位3頭にスキがあれば、面白いでしょう。

 

 


▼2022/11/6(日)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲


 

1-3【2022アルゼンチン共和国杯 無料買い目公開】

 

【推奨ワイド馬券】

 

ワイド馬券は2種類購入します。

 

ワイド BOX⑤⑥⑯ 3点

1,000✕3=3,000円

メインのワイド馬券です。

 

ワイド ③ながし 相手⑤⑥⑯ 3点

700✕3=2,100円

穴馬の③から流していきます。




【推奨3連複馬券】

 

3連複馬券も2種類購入します。

 

3連複 ⑤⑥⑯ 1,300円

やはりメインの3連複馬券です。

 

3連複 フォーメーション

⑤⑥⑯-⑤⑥⑯-③⑦⑭⑱ 12点

300✕12=3,600円

こちらは相手4頭に流していきます。




【2022AR共和国杯 勝負馬券】

 

合計金額 10,000円

これがアルゼンチン共和国杯【勝負馬券】となります。

 

 

 

 

【2022AR共和国杯 レース結果】

 

 

馬券の結果は不的中でした。

ここは上位3頭の⑤⑥⑯のうち2頭は3着以内に来る目論見でした。

しかしヒートオンビートは3着に来たものの、他が馬券圏外に敗れてしまいました。

あまり買い目をたくさんにするつもりはなかったので、仕方がない感じです。

上手くやれば取れたような気もしますが・・・。

2着のハーツイストワールは偏差値はB判定でしたが、好走馬傾向にほぼ合致していなかたので買い目には入れませんでした。

 

外枠よりも内枠が有利だと判断したのですが、あまりそうではなかったですね。

 

上位に来たのはすべてAランク以上の騎手でした。

やはり騎手能力が重要である重賞と言えます。

 

このままズルズルと悪い結果に引きずられないようしたいものです。

 

 

 

 

 

★今週の競馬偏差値データ★

baken-seikatsu.com

baken-seikatsu.com

baken-seikatsu.com

baken-seikatsu.com

baken-seikatsu.com

▼2022/11/6(日)の競馬偏差値データ▼

baken-seikatsu.com

baken-seikatsu.com

 

★2022天皇賞・秋3連複ワイド的中★

baken-seikatsu.com

★2022菊花賞3連複ワイド的中★

baken-seikatsu.com

★2022秋華賞3連複ワイド的中★

baken-seikatsu.com

【秋G1現在3連勝中!】

▼2022年重賞は105戦49勝!▼

baken-seikatsu.com

★2022年JRA重賞の的中率は46.7%!★

 

 

【2022アルゼンチン共和国杯 最終予想】

 

 



▼中央も地方も!競馬のことなら全てお任せ▼

うまリッチ

▲スマホ片手に簡単に攻略!▲

無料情報も豊富で副業にも最適

中央競馬も地方競馬も無料でウマウマ

★うまリッチ特選無料情報★

【情報源から直接入手】

【Aランク以上の情報のみ】

★毎週更新される圧倒的な的中実績★

▼期間限定でゲットしよう!▼

【1万円分のポイント】

【すぐに使える有益情報】

【注目重賞の買い目公開!】

▼簡単LINE登録で競馬を完全攻略▼

うまリッチ

▲毎日ガッポリうまうま馬券生活▲


 

 

 2【2022アルゼンチン共和国杯(G2) 最終予想】攻略データ


2-1.2022AR共和国杯 過去好走馬傾向

「2022アルゼンチン共和国杯(G2)」

過去の偏差値データからの1~3着までの【好走馬の成績(結果)】をまとめています

※ブログ6周年を達成したので

【過去の偏差値データ6年分で傾向を探る】

 

2021年11月7日(日) 第59回AR共和国杯(G2) 東京芝2500m 芝:良

1着 ⑩オーソリティ(偏差値3位 1番人気)

2着 ⑫マイネルウィルトス(偏差値8位 4番人気)

3着 ⑤フライライクバード(偏差値1位 3番人気)

2020年11月8日(日) 第58回AR共和国杯(G2) 東京芝2500m 芝:良

f:id:onix-oniku:20211104103451p:plain

1着 ⑱オーソリティ(偏差値1位 3番人気)

2着 ②ラストドラフト(偏差値6位 6番人気)

3着 ⑩サンアップルトン(偏差値12位 9番人気)

2019年11月3日(日) 第57回AR共和国杯(G2) 東京芝2500m 芝:良

f:id:onix-oniku:20211104103534p:plain

1着 ⑦ムイトオブリガード(偏差値2位 2番人気)

2着 ②タイセイトレイル(偏差値2位 5番人気)

3着 ①アフリカンゴールド(偏差値4位 1番人気)

2018年11月4日(日) 第56回AR共和国杯(G2) 東京芝2500m 芝:良

f:id:onix-oniku:20211104103606p:plain

1着 ⑥パフォーマプロミス(偏差値1位 3番人気)

2着 ⑦ムイトオブリガード(偏差値3位 1番人気)

3着 ⑤マコトガラハット(偏差値11位 11番人気)

2017年11月5日(日) 第55回AR共和国杯(G2) 東京芝2500m 芝:良

f:id:onix-oniku:20211104103635p:plain

1着 ④スワーヴリチャード(偏差値1位 1番人気)

2着 ⑦ソールインパクト(偏差値9位 7番人気)

3着 ①セダブリランテス(偏差値3位 3番人気)

2016年11月6日(日) 第54回AR共和国杯(G2) 東京芝2500m 芝:良

f:id:onix-oniku:20211104103702p:plain

1着 ⑪シュヴァルグラン(偏差値2位 2番人気)

2着 ⑤アルバート(偏差値2位 4番人気)

3着 ⑬ヴォルシェーブ(偏差値1位 3番人気) 

 

 

 

 

※結果・成績などは必ず主催者発表のものと照合しご確認下さい

 

 

 

【2022アルゼンチン共和国杯 最終予想】

 

 

【AR共和国杯 偏差値データ好走傾向】

 

「2022アルゼンチン共和国杯(G2)」

過去の偏差値データからの【好走馬の傾向】

【偏差値データの条件別傾向】

からまとめています

 

【枠順】

とくに偏った傾向は出ていない。

 

【偏差値】

S:8 A:5 B:0 C:3 D:1 E:0 F:1】

【偏差値B判定以上 13/18(72.2%)】

 

【騎手乗り替わり】

【前走からの継続】が4回来ている。

【乗り下がり】は4回来ている。

 

【騎手】

S:12 A:2 B:0 C:2 D:1 E:1 F:0】

【騎手Bランク以上 14/18(77.8%)】

 

【厩舎】

S:7 A:0 B:6 C:3 D:1 E:1 F:0】

【厩舎Bランク以上 13/18(72.2%)】

 

【追い切り】

【追切の印つき 12/18(66.7%)】

 

【展開★】

【展開★の印つき 13/18(72.2%)】

【展開★(ピンク)】は1-1-4-2(複勝率75%)

 

【間隔】外厩効果を表す

【Sランク】ピンク(ノーザンF系) 6-3-2-23(複勝率32.4%)

【Aランク】オレンジ(上位外厩)  0-1-2-12(複勝率20%)

【Bランク】イエロー(標準外厩)  0-1-2-31(複勝率8.8%)

【ランク外】無色(外厩効果ナシ) 0-1-0-5(複勝率16.7%)

 

【展開順偏差値予想表】

有利になる展開位置(6年連続馬券圏内)

【前から6番手以内の位置】(12頭該当)

 

 

 

 

 

 



▼中央も地方も!競馬のことなら全てお任せ▼

うまリッチ

▲スマホ片手に簡単に攻略!▲

無料情報も豊富で副業にも最適

中央競馬も地方競馬も無料でウマウマ

★うまリッチ特選無料情報★

【情報源から直接入手】

【Aランク以上の情報のみ】

★毎週更新される圧倒的な的中実績★

▼期間限定でゲットしよう!▼

【1万円分のポイント】

【すぐに使える有益情報】

【注目重賞の買い目公開!】

▼簡単LINE登録で競馬を完全攻略▼

うまリッチ

▲毎日ガッポリうまうま馬券生活▲


 

 

 

【AR共和国杯 好走傾向条件】

 

「2022アルゼンチン共和国杯(G2)」 

【好走馬の傾向】ポイントまとめ

 

 

◆傾向①【偏差値データの傾向】

【偏差値】B判定以上の馬が3着以内に18頭中13頭来ています。

偏差値データの信頼度はやや高いと言えるでしょう。

 

偏差値B判定以上の馬を除くと

【偏差値C判定 3頭】

【偏差値D判定 1頭】

【偏差値F判定 1頭】

基本的には高偏差値の馬で決まります。

とくに【偏差値A判定以上】の馬が13回も来ています。

そして偏差値C~D判定の馬も侮れません。

【①偏差値A以上が中心】

【②偏差値C~Dも侮れない】

 

 

▼騎手・厩舎データ▼

Bランク以上の騎手が18頭中14頭来ています。

Bランク以上の厩舎が18頭中13頭来ています。

 

【騎手データ】

Bランク以上の騎手を除くと

【Cランク騎手 2頭】

【Dランク騎手 1頭】

【Eランク騎手 1頭】

Cランク以上の騎手が中心となります。

とくに【Sランク騎手】が12回も来て圧倒的です。

Fランクの騎手は全く来ていません。

【③S騎手が圧倒的】

【①Fランクの騎手は消し】

 

 

【騎手乗り下がり】

前走からの継続騎乗が4回来ています。

騎手の継続騎乗はあまり関係ない成績です。

前走から【騎手が乗り下がり】の場合は4回来ています。

騎手乗り下がりはあまりマイナスにはならないでしょう。

【④騎手乗り下がりは気にせず】

 

 

【厩舎データ】

Bランク以上の厩舎を除くと

【Cランク厩舎 3頭】

【Dランク厩舎 1頭】

【Eランク厩舎 1頭】

基本的にはBランク以上の厩舎が中心となります。

Fランク厩舎は全く来ていません。

【⑤B以上厩舎が中心】

【②F厩舎は消し】

 

 

 

▼追切・展開★データ▼

追切の印がついた馬が18頭中12頭来ています。

展開★の印がついた馬が18頭中13頭来ています。

【追切】と【展開★】の印の信頼度はそれなりに高いでしょう。

【⑥追切の印を信頼】

【⑦展開★の印を信頼】

 

 

 

 

 

 

▼ブログ6周年達成記念▼


中央競馬ランキング

▲クリックお願いします▲

7年目もよろしくお願いします!

 

 

 

◆傾向②【外厩はSランクが全勝】

 

【間隔】外厩効果を表す

  • 【Sランク】ピンク(ノーザンF系) 6-3-2-23(複勝率32.4%)
  • 【Aランク】オレンジ(上位外厩)  0-1-2-12(複勝率20%)
  • 【Bランク】イエロー(標準外厩)  0-1-2-31(複勝率8.8%)
  • 【ランク外】無色(外厩効果ナシ) 0-1-0-5(複勝率16.7%)

 

S【ノーザンF系外厩】

6-3-2-23(複勝率32.4%)

アルゼンチン共和国杯での【ノーザンF系Sランク外厩】

非常に良い成績です。

出走の数も多く、過去6年間ですべて勝利を収めています。

 

 

好走した11頭に共通するのは

【偏差値S判定 7頭】

【偏差値A判定 4頭】

偏差値A判定以上で好走しています。

高偏差値が圧倒的に有利です。

低偏差値だと厳しいでしょう。

【⑧偏差値A以上のNF系が抜群】

【③低偏差値のNF系は消し】

 

 

 

 

A【Aランク上位外厩】

0-1-2-12(複勝率20%)

【Aランク上位外厩】はそれなりの成績となっています。

完全にノーザンF系に押されています。

 

好走した3頭に共通するのは

【偏差値S判定 1頭】

【偏差値A判定 1頭】

【偏差値C判定 1頭】

基本的に偏差値A判定以上が有利となります。

偏差値D判定以下は全く来ていません。

【⑨偏差値A以上のA外厩は良い】

【④偏差値D以下のA外厩は消し】

 

 

B【Bランク標準外厩】

0-1-2-31(複勝率8.8%)

【Bランク標準外厩】は一番良くない成績です。

出走の数は多いのですが、苦戦が続いています。

 

好走した3頭に共通するのは

【偏差値C判定 1頭】

【偏差値D判定 1頭】

【偏差値F判定 1頭】

偏差値C判定以下で好走しています。

展開の紛れなどで、来るケースがあります。

【⑤B外厩は大苦戦】

 

 

ナシ【外厩効果ナシ】

0-1-0-5(複勝率16.7%)

【外厩効果ナシ】の馬はまあまあの成績です。

出走の数が極めて少なくなっています。

 

好走した1頭に共通するのは

【偏差値C判定 1頭】

ほぼ厳しいでしょう。

【⑥外厩ナシは厳しい】

 

 

 

◆傾向③【展開は前目が有利】

【前から6番手以内】の位置に予想されていた馬は、

毎年必ず3着以内に好走しています(12頭が該当)

前目の位置が有利となります。

【⑩前から6番手以内が有利】

 

 

 

 

▼ブログ6周年達成記念▼


中央競馬ランキング

▲クリックお願いします▲

7年目もよろしくお願いします!

 

 

 

【2022AR共和国杯 好走馬傾向まとめ】

 

【好走馬傾向(メリット)】

【①偏差値A以上が中心】

【②偏差値C~Dも侮れない】

【③S騎手が圧倒的】

【④騎手乗り下がりは気にせず】

【⑤B以上厩舎が中心】

【⑥追切の印を信頼】

【⑦展開★の印を信頼】

【⑧偏差値A以上のNF系が抜群】

【⑨偏差値A以上のA外厩は良い】

【⑩前から6番手以内が有利】

 

 

【好走馬傾向(デメリット)】

【①Fランクの騎手は消し】

【②F厩舎は消し】

【③低偏差値のNF系は消し】

【④偏差値D以下のA外厩は消し】

【⑤B外厩は大苦戦】

【⑥外厩ナシは厳しい】

 

 

 

 

 

※このブログでの過去6年分の重賞偏差値予想表データが対象

(それ以前はデータの作成はありません)

 

 

 

▼AR共和国杯 好走馬傾向はこちらから▼

baken-seikatsu.com

 

 

【2022アルゼンチン共和国杯 最終予想】

 

 

 

 

▼2022/11/6(日)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲

 

 

 


2-2.AR共和国杯【騎手チェックシート】

 

こちらで各騎手の【重賞のみ】での最近の好不調がわかります

▼重賞騎手調子チェックシート▼

2022 アルゼンチン共和国杯(G2) 東京芝2500m

重賞(JRA)のみの騎手別成績です(先週末の時点の成績)

 

 

 

【好調騎手】

【ピックアップ ★近30戦★好調継続騎手】

 

【最近30戦】の好調順に並べています。

トップはルメール騎手複勝率43%となっています。

そしてCデムーロ騎手複勝率30%となっています。

 

 

 

【ピックアップ ★近10戦★好調騎手】

 

こちらは【最近10戦のみ】に特化して並べています。

トップはCデムーロ・ルメール騎手複勝率40%となっています。

坂井・津村・田辺・菅原明・戸崎騎手複勝率30%となっています。

 

 

 

 

【不調騎手】


【過去30戦】
での不調騎手(複勝率15%未満)を並べています。

マーカンド・永野・富田騎手複勝率0~3%となっています。

石川騎手複勝率7%となっています。

菱田・三浦騎手複勝率10%となっています。

岩田望・荻野極・Mデムーロ騎手複勝率13%となっています。

 

 

 

 

▼騎手調子チェックシートとは▼

baken-seikatsu.com

▲こちらで騎手チェックシートの詳細な説明が見られます▲

 

【2022アルゼンチン共和国杯 最終予想】

 

 


 

 

【勝ちウマ王国 キングダム】

勝ちウマ王国

【中央も地方も無料で使える情報提供!】

「競馬はバンバン当たると本当に楽しいです!」

★生産牧場・馬主・調教師・厩務員★

★トラックマン・マスコミ・メディア関係者★

★専属馬券師(成果報酬型契約)★

★ノーザンファーム天栄などの外厩施設★

【多くの情報網から入手した情報を精査!】

【価値ある買い目のみ公開!】

 

▼LINEでカンタン無料登録▼

勝ちウマ王国

▲ラインでカンタン無料登録▲

【今なら3万円分無料特典!】

【メイン重賞激アツ情報が特典!】

 

 


 

 


2-3【2022AR共和国杯 展開予想】

▼展開順偏差値予想表▼

 

東京芝2500m

「↑」から前に行くと予想される順に並べました

 

 

 

 

 

【展開★】

アフリカンゴールド

キングオブドラゴン

ブレークアップ

キラーアビリティ

テーオーロイヤル

ヒートオンビート

 

 

【展開★(ピンク)】の印の馬は

キラーアビリティ

テーオーロイヤル

となりました

 

 

【4コーナー予想先頭馬】

テンの3ハロン・マクリ能力等を判断して選びます

アフリカンゴールド

キングオブドラゴン

 

 

【上がり3ハロン予想最速馬】

上がり最速の末脚を出せる馬を選びます

ヒートオンビート

レインカルナティオ

テーオーロイヤル

カントル

 

 

【展開位置有利ゾーン】 

★AR共和国杯 過去連続好走位置★

【前から6番手以内の位置】

キラーアビリティ

テーオーロイヤル

この2頭は展開的にかなり有利となりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

【2022アルゼンチン共和国杯 最終予想】

 

 

▼2022/11/6(日)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲

 

 


2-4【2022AR共和国杯】過去10年のレース傾向

こちらで【2022アルゼンチン共和国杯(G2)】での、過去のコースや展開・脚質の結果分析データをまとめています。

 

▼東京芝2500メートル・コースの特徴▼

 

 

芝2400メートルのスタート地点を4コーナー方面に100メートル移した形のコースレイアウト。

2400メートルは坂を上り切った平坦な部分からのスタートだが、2500メートルでは坂の途中からのスタートになる。1周目のゴール板を通過して1コーナーを回ると、バックストレッチ半ばまでは緩やかな下りが続く。

3コーナー手前の上り下りを経て、ゴールまで525.9メートルの直線を向くと再びタフな上り坂が待っている。坂を上り切ってからゴールまでの残り300メートルはほぼ平坦。

最後の直線勝負で速い脚が求められるのは2400メートルと同様だが、スタート直後の上りで消耗を強いられるので、余力を残すためにスタミナがより一層求められる。

 

歴史・コース:アルゼンチン共和国杯 今週の注目レース JRA

 

 

 

 

 

▼2022AR共和国杯 過去10年コース展開脚質分析▼

 

【4コーナー先頭馬 0-1-0-9】

【上がり3ハロン最速馬 3-3-3-1】

【3着以内馬の脚質 逃げ2 先行11 差し15 追込2】

 

【4角先頭馬】 過去10年で【0勝2着1回3着0回】となっている。

【上がり最速馬】過去10年で【3勝2着3回3着3回】となっている。

 

【脚質の特色(傾向)】

「4角先頭馬」は過去10年で【複勝率10%】となっています。

ただ1回の2着があるのみとなっています。

4コーナーで先頭に立つメリットは皆無でしょう。

 

「上がり最速馬」【複勝率90%】と、非常に良い成績となっています。

最速の上がりを繰り出すとほぼ馬券圏内にやって来ます。

軸馬として非常に信頼できるでしょう。

 

 

「脚質」「差し」が非常に有利となっています。

中団あたりから鋭い差し脚を繰り出せる馬がかなり有利です。

「先行」も健闘しています。

「逃げ」と「追込」といった極端な脚質には非常に厳しい舞台となっています。

 

 

※2012年~2021年の過去10年の成績を参考

全て「東京芝2500m」で施行。

 

【2022アルゼンチン共和国杯 最終予想】

 

 


▼JRAからの【2022AR共和国杯】過去傾向データ▼

【GⅠを目指す馬たちの試金石】

東京・芝2500メートルで行われるアルゼンチン共和国杯は、ジャパンカップや有馬記念の前哨戦に位置付けられているが、GⅠを目指して出走してくる馬だけでなく、軽ハンデを生かしての金星を狙う格上挑戦馬まで、幅広いタイプの馬がそろうレースだ。

今回は過去10年の結果を中心に傾向を調べてみた。

 

「上位人気がわりと強い」

90年代は2桁人気馬の勝利が目立つ波乱の多い重賞として知られていたが、ここ10年は3番人気以内の馬が9勝を挙げるなど、上位人気馬優勢の傾向が出ている。ただし、3番人気以内の馬によるワンツー決着は2回しかない。

3番人気以内の馬を軸にして、4番人気以下の馬に流す作戦が有効そうだ。

 

「3歳馬と4歳馬が優勢

過去10年の年齢別成績では、3歳馬は出走例が4頭と少ないが全て馬券に絡んでいる。3歳馬が出走してきたら要チェックだ。最も勝利数が多いのは4歳馬で、3着内率も35.1%と高い。

好走率は年齢が若いほど高い傾向があり、6歳馬になると3着内率は10%を切り、7歳以上の馬は延べ33頭が出走して3着以内が1回もなかった。

 

「軽ハンデ馬、重ハンデ馬が共に苦戦」

過去10年の最軽量ハンデは48キログラム、最重量ハンデは59キログラムと、幅広いハンデ設定になることが多い。その中で、ハンデ54キログラム以下の馬は3着内率8.5%と苦戦、そして58キログラム以上の馬も同8.3%と苦戦している。

好走率が最も高いのは57.5キログラムで、それに次ぐのが56キログラムとなっている。

 

「前走GⅠ組が強いが、昇級初戦・格上挑戦馬も善戦」

過去10年では、前走でGⅠを使われていた馬が勝率26.7%、連対率33.3%、3着内率40.0%と好成績。特にここ6年は、2016年シュヴァルグラン、2017年スワーヴリチャード、2018年パフォーマプロミス、2021年オーソリティと4頭が優勝している。

また、前走が2勝クラスや3勝クラスだった、格上挑戦や昇級初戦となる馬の好走が散見するのも特徴だ。

 

「過去1年以内の中長距離重賞での連対実績を重視(WIN5)」

2014年以降の優勝馬延べ8頭のうち7頭は、過去1年以内に2400メートル以上の重賞で連対した実績があった。唯一の例外であるゴールドアクターは、前年の菊花賞で3着と、長距離GⅠでの実績を有していた。

また、ムイトオブリガードを除く7頭の優勝馬の父は、現役時代に2400メートル以上のGⅠを制した経験のある種牡馬だった。

 

データ分析:アルゼンチン共和国杯 今週の注目レース JRA

 

 

 

 

 

 

 

 

▼レースの概要▼

2022年11月6日(日)

「第60回アルゼンチン共和国杯(G2)」

 

本競走は、1963年に日本とアルゼンチンの友好と親善の一環として、アルゼンチン・ジョッキークラブから優勝カップの寄贈を受け、「アルゼンチンジョッキークラブカップ」として創設された。

1974年にアルゼンチンの競馬がジョッキークラブから国の管轄に移管されたことに伴い、翌1975年に現在の名称である「アルゼンチン共和国杯」に改められた。

第1回は3歳以上・別定の条件で、5月の東京競馬場・芝2300メートルで行われたが、翌1964年から4歳以上に変更された。

その後、幾度かの条件変更を経て、1984年に開催時期を11月に繰り下げたうえ、3歳以上・芝2500メートルのハンデキャップ競走となり現在に至っている。

 

歴史・コース:アルゼンチン共和国杯 今週の注目レース JRA

 

 

【2022アルゼンチン共和国杯 最終予想】

 

 

▼2022/11/6(日)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲

 

 

 

2-5【2022AR共和国杯 競馬偏差値確定】

 

 

「メリットは青」「デメリットは赤」で表示

 

【偏差値 S判定】

偏差値1位【68.1 S】

⑥キラーアビリティ

生産:ノーザンファーム

ノーザンF系外厩Sランク(ノーザンF系)」】

【中22週(外厩明け初戦):帰厩日2022/10/5】

偏差値2位【67.1 S】

⑤テーオーロイヤル

生産:三嶋牧場

【非ノーザンF系「外厩Bランク(標準)】

【中5週(外厩明け2戦目)】

偏差値3位【63.1 S】

⑯ヒートオンビート

生産:社台ファーム

【非ノーザンF系「外厩Aランク(上位)」】

【中8週(外厩明け初戦):帰厩日2022/10/5】

 

 

 

 

【偏差値 A判定】

偏差値4位【58.1 A】

③ユーキャンスマイル

生産:ノーザンファーム

ノーザンF系外厩Sランク(ノーザンF系)」】

【中8週(外厩明け初戦):帰厩日2022/10/1】

 

 

【偏差値 B判定】

偏差値5位【57.1 B】

⑰ハーツイストワール

生産:ノーザンファーム

ノーザンF系外厩Sランク(ノーザンF系)」】

【中12週(外厩明け初戦):帰厩日2022/10/7】

偏差値6位【54.1 B】 

⑧カントル

生産:ノーザンファーム

ノーザンF系外厩Sランク(ノーザンF系)」】

【中13週(外厩明け初戦):帰厩日2022/9/28】

偏差値7位【53.1 B】

⑦ブレークアップ

生産:谷川牧場

【非ノーザンF系「外厩Aランク(上位)」】

【中3週(外厩明け2戦目)】

 

 

【偏差値 C判定】

偏差値8位【52.1 C】

⑱ボスジラ

生産:ノーザンファーム

ノーザンF系外厩Sランク(ノーザンF系)」】

【中8週(外厩明け2戦目)】

中8週だがじっくりと自厩舎で乗り込まれる

偏差値9位【50.1 C】

⑭アフリカンゴールド

生産:ダーレー・ジャパン・ファーム

【非ノーザンF系「外厩Aランク(上位)」】

【中3週(外厩明け2戦目)】

偏差値10位【49.1 C】

⑪ラストドラフト

生産:社台ファーム

【非ノーザンF系「外厩Aランク(上位)」】

【中2週(外厩明け2戦目)】

偏差値11位【48.1 C】

⑬レインカルナティオ

生産:ノーザンファーム

ノーザンF系外厩Sランク(ノーザンF系)」】

【中7週(外厩明け初戦):帰厩日2022/10/14】

 

 

 

 

【偏差値 D判定】

偏差値12位【46.1 D】

①キングオブドラゴン

生産:社台ファーム

【非ノーザンF系「外厩効果ナシ」

【中3週(外厩明け3戦目)】

外厩効果は消滅している。

偏差値12位【46.1 D】

⑩ダンディズム

生産:三嶋牧場

【非ノーザンF系「外厩Aランク(上位)」】

【中22週(外厩明け初戦):帰厩日2022/9/28】

 

 

【偏差値 E判定】

偏差値14位【41.1 E】

⑫マイネルファンロン

生産:ビッグレッドファーム

【非ノーザンF系「外厩Bランク(標準)】

【中3週(外厩明け2戦目)】

偏差値15位【39.1 E】

⑨ディアマンミノル

生産:村上農場

【非ノーザンF系「外厩Bランク(標準)」】

【中3週(外厩明け初戦):帰厩日2022/10/26】

偏差値16位【38.1 E】

⑮レッドサイオン

生産:ノーザンファーム

ノーザンF系外厩Sランク(ノーザンF系)」】

【中2週(外厩明け2戦目)】

 

 

【偏差値 F判定】

偏差値17位【37.1 F】

②プレシャスブルー

生産:石郷岡 雅樹

【非ノーザンF系「外厩Bランク(標準)】

【中2週(外厩明け2戦目)】

偏差値18位【32.1 F】

④コトブキテティス

生産:斉藤スタッド

【非ノーザンF系「外厩効果ナシ」

【中1週(外厩明け3戦目)】

外厩効果は消滅している。

 

 

 

 

 

 

▼AR共和国杯 偏差値データはこちらから▼

baken-seikatsu.com

 

 

【2022アルゼンチン共和国杯 最終予想】

 

 

 

 

 

▼2022/11/6(日)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲

 

 

 

【2022AR共和国杯 上位人気単勝オッズ】

1番人気 3.7倍 テーオーロイヤル

2番人気 5.1倍 キラーアビリティ

3番人気 7.0倍 ヒートオンビート

 

アルゼンチン共和国杯(G2) オッズ | 2022年11月6日 東京11R レース情報(JRA) - netkeiba.com

※アルゼンチン共和国杯 レース当日朝7:57時点での単勝人気オッズ

 

 


▼今日のデータ更新▼

2022年11月6日(日)

厳選軸馬・大穴激走馬・全場7~12R競馬偏差値予想表

baken-seikatsu.com

baken-seikatsu.com

 

▼アルゼンチン共和国杯 関連データ▼

baken-seikatsu.com

※アルゼンチン共和国杯の過去好走馬傾向をこちらでまとめています

baken-seikatsu.com

baken-seikatsu.com

 

▼先週の偏差値予想表(結果)▼

baken-seikatsu.com

 

★2022天皇賞・秋3連複ワイド的中★

baken-seikatsu.com

★2022菊花賞3連複ワイド的中★

baken-seikatsu.com

★2022秋華賞3連複ワイド的中★

baken-seikatsu.com

【秋G1現在3連勝中!】

▼2022年重賞は105戦49勝!▼

baken-seikatsu.com

★2022年JRA重賞の的中率は46.7%!★

 

 

▼ブログ6周年達成記念▼

baken-seikatsu.com

7年目もよろしくお願いします!

 

 

▼完全無料ブログなのでランキングにご協力下さい▼


中央競馬ランキング

▲クリックお願いします▲

 

 

 

 


▼ツイッターはこちら▼

オニキスお肉@偏差値競馬 (@onix_oniku_uma) | Twitter

【ブログの更新をツイッターでお知らせしています】

▲ぜひフォローしてみましょう!▲


 

▼このブログの読者になる▼

【はてなブログ】

 

 

 

▼2022/11/6(日)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲


 

【2022アルゼンチン共和国杯 最終予想】

 


2-6【2022AR共和国杯】過去成績データ

過去6年間の【競馬偏差値予想表】の結果・成績(払い戻し)をまとめています

【2022アルゼンチン共和国杯 過去偏差値成績結果】

 

 

2021年11月7日(日) AR共和国杯(G2) 東京芝2500m 芝:良

競馬偏差値予想表はCASIOの協力で作成しています

▼重賞偏差値予想表の詳細な見方はこちら▼

重賞偏差値予想表について - 馬券生活☆競馬で生きていく

 

【結果・成績(払い戻し)】

 

 

 

2020年11月8日(日) AR共和国杯(G2) 東京芝2500m 芝:良

【結果・成績(払い戻し)】

 

 

 

2019年11月3日(日) AR共和国杯(G2) 東京芝2500m 芝:良

【結果・成績(払い戻し)】

 

 

 

 

 

2018年11月4日(日) AR共和国杯(G2) 東京芝2500m 芝:良

【結果・成績(払い戻し)】



 

2017年11月5日(日) AR共和国杯(G2) 東京芝2500m 芝:重

【結果・成績(払い戻し)】

 

 

 

2016年11月6日(日) AR共和国杯(G2) 東京芝2500m 芝:良

【結果・成績(払い戻し)】



※結果・成績などは必ず主催者発表のものと照合しご確認下さい

 

 

▼AR共和国杯 成績結果はこちらから▼

baken-seikatsu.com

 

 

【2022アルゼンチン共和国杯 最終予想】

 

 


3【2022アルゼンチン共和国杯(G2)】データベース用

▼エクセル等データベース利用のためのコピペ用▼

※PCでの利用を前提としています

2022年11月6日(日) 

アルゼンチン共和国杯(G2)

馬名 偏差値 判定 前走騎手 騎手 複勝率 厩舎 複勝率 追切 展開 間隔
1 1 キングオブドラゴン 46.1 D 川田 -1 坂井 31.0 矢作 24.1 3 2
1 2 プレシャスブルー 37.1 F 勝浦 +1 津村 23.5 相沢 16.1 2 17
2 3 ユーキャンスマイル 58.1 A 継続 石橋 22.6 友道 36.7 8 16
2 4 コトブキテティス 32.1 F 武藤 永野 12.6 田島 5.5 1 10
3 5 テーオーロイヤル 67.1 S 継続 菱田 23.6 岡田 25.3 5 6
3 6 キラーアビリティ 68.1 S 横山武 Cデムーロ 37.9 斉藤崇 30.1 22 4
4 7 ブレークアップ 53.1 B 戸崎 -1 田辺 32.6 黒岩 22.9 3 3
4 8 カントル 54.1 B 継続 岩田望 31.1 藤原英 41.2 13 9
5 9 ディアマンミノル 39.1 E 継続 荻野極 16.2 本田 18.3 3 15
5 10 ダンディズム 46.1 D 継続 富田 21.4 野中 23.3 22 18
6 11 ラストドラフト 49.1 C 継続 三浦 31.1 戸田 14.0 2 14
6 12 マイネルファンロン 41.1 E 継続 Mデムーロ 39.9 手塚 29.1 3 8
7 13 レインカルナティオ 48.1 C 川田 -2 菅原明 25.2 小西 28.9 7 13
7 14 アフリカンゴールド 50.1 C 国分恭 +4 マーカンド 42.9 西園 25.7 3 1
7 15 レッドサイオン 38.1 E 継続 石川 14.3 蛯名正 21.4 2 5
8 16 ヒートオンビート 63.1 S 池添 +1 戸崎 40.5 友道 36.7 8 7
8 17 ハーツイストワール 57.1 B 継続 武豊 36.6 国枝 36.1 12 11
8 18 ボスジラ 52.1 C 継続 ルメール 50.9 国枝 36.1 8 12

 

 

 

このブログでの「競馬偏差値予想表」は全てエクセル(excel)で作成しています。

ただし画像として添付していますので、文字ベースとしてコピーペーストしてエクセル等データベースに保存されたい場合はこちらをご利用下さい。

競馬偏差値はオニキス029が作成したオリジナル指数です。

【2022アルゼンチン共和国杯 最終予想】

 

▼過去の全重賞予想結果は▼

▼重賞最終予想バックナンバー▼

baken-seikatsu.com

※全ての競馬偏差値予想表はエクセル(excel)で作成しています

それではよろしくお願いします。

Copyright(c)2016-2022 Onix-Oniku All rights reserved.